《2019年》エコキュートとウルトラファイン・マイクロバブル製品情報

コンテンツ作成中

 

 

 

三菱電機さんと2017年にはダイキンさんが最上位機種で

浴槽の循環アダプターにマイクロバブル機能付けて差別化をはかっています。



 

※三菱電機さん

 配管用で約0.1mmのマイクロバブル洗浄が付いています。

 

 

エコキュートでの使用を重視する方へのおすすめは

三菱電機さんの最高級モデルPシリーズと

ダイキンさんフルオートタイプです。

 

 

【注意】

メーカーの松竹梅の松で興味を引くためだけの商品とみており、価格も高く、工事も容易ではないためエコキュート交換ではおすすめしておりません。

 

 



【アイジャパンのおすすめ】

但しアイジャパンは単なる販売店ではなく、

お客様にとって有益な情報をご提供する情報企業として

下記のようなシャワーヘッドによるお湯足しによる使用をおすすめします。

 

※浴槽にお金をかけられるならOEM提供もしているサイエンス社がリーディングカンパニーです。

 

 

 

一部のエコキュートについているマイクロバブルより

微細な上に価格もおさえられ、

(浴槽に加えて)当然カラダを洗うシャワーにも使えるためです。

 

 

マイクロバブルシャワーヘッド

それは田中金属製作所(TKS)さんの

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa(ボリーナ リザイア)シルバーです。

※分社化し販売はWATER CONNECT社


 

 

 

 

 

 

0.0001mm(1万分の1ミリ)の微細な泡がでるマイクロナノバブルです。

シャワーヘッド内のマイクロナノバブル発生機は、

約50%節水ができ、

軽量で

面倒なフィルター交換もなく維持費0な上に

保温・保湿効果もあります。

 

 

※保湿効果に関して冬の時期の乾燥による肌のカサカサやかゆみは軽減した印象があります。

※本当に微細な泡は白く濁りません。

 

 

 

サイエンス社の新製品シャワーヘッド

ウルトラファインミスト ミラブル」は開発に3年をかけたといいます。


3ヶ所の穴から空気をいれ、女性向けに顔のお手入れしたいときはこれをワンタッチで切り替えて外周からウルトラファインバブルの泡が、霧の中に入ったミスト状で出てきます。

価格はアップしますが、シャワーヘッドの形をした美顔器のような役割で、あたらしいジャンルを切り開いています。





【注意点】

エコキュートに限らずどの機種にもいえますが、

手元ストップ付きは長い目で見て給湯側に不具合をひこ起こす

可能性がありおすすめしません。

 

 

 

 

節水シャワーは水圧が落ちるというクレームも少なくないようです。

 

ガスや灯油給湯と異なり、電気系のエコキュートなどは

(日立の一部機種以外)水道圧のままお湯がでる仕組みではないため、

非常に影響を受けやすいです。

 

 

よってエコキュートの場合は日立さんの水道直圧式のタイプや

高圧タイプ以外ではおすすめしません。

 

その仕組を理解しない消費者がシャワーヘッドメーカーにクレームを出している状況です。

 

 

 

 

 

 




【シャワーヘッドメーカー情報】

半分ほどお湯張りをして、

このシャワーヘッドで残り半分ほどお湯張りをする実演などもされているようで、

使い方として問題ないとのことでした。

60°までの温度であれば問題ありません。

 

 

但し半分では面倒なので、多少でも効果は期待できると思います。

 

 

【マイクロバブルの比較】

ノーリツさんは約0.02mm(20μm)

三菱電機さんは約0.01mm

ダイキンさんで約0.05〜0.005mm

サイエンスさんで約0.001mm(浴槽ではあえて超微細にしない戦略)

田中金属製作所(TKS)さん約0.0001mm

 

 

※1μm=1mm/1000

※ガスではノーリツさんが微細な泡をだすアダプターの自社開発で先行。

 

 

 

 



ショップチャンネルさんの紹介動画の視聴可能(こちら)。

ヘッドの大きいのが最新で小さいのが旧タイプで2種類あります。

 

 

 

 

日経のものづくり誌2017年11月号で田中金属製作所のシャワーヘッドが掲載されました。

詳しい解説がされ糖尿病予防効果への期待もあり岐阜大学との共同研究についてふれていました。