言葉(ことば)とは

 

コンテンツ準備中

 

世界は言葉でできている。

 

この世は言葉と文字と数字でできている。

 

言葉とは生きていて、心と連動し、現実を形づくるもの」と定義しています。

 

「感性を磨く道具であり、人生を豊かにする」一方で、

「良くも悪くも人の考え方(思考)を変えてしまうもの」が言葉ともいえます。


きれいではない言葉を平気で使用できる人は、残念ながら心の中も同じといえます。

 

花々



ゆえに美しくきれいな言葉を適切に使うよう”意識”する必要があると考えます。

但しあたりさわりのない言葉という意味ではなく、一見きれいではない言葉でも

 

そこには本気の言葉、厳しくもあたたかい言葉がある場合もあり常に例外はあります

※美しいとは「心地よい印象を与えるもの」と定義しています。


 

 


【社会問題】

世のなかの問題の多くは、きれいな言葉を使わないことと、言葉の意味を理解せずに、

思い込みやなんとなく使用しているため、コミュニケーションの不一致が生じ、

現実がズレてしまうことに起因している考えております。

 

※アイ・ジャパンとしては、お客様、読者の皆さまに正しくお伝えするため、重要な言葉に関して「○○とは〜です」や「○○とは一言でいうと・・」というように言葉の本質をとらえる意味をお伝するよう努めています。

 

 

ありがとう

 

 


【判断基準】

日本語は美しい言語と言われていますが、良くない行いを平気にできる者(時)や、

治安の高くない地域や国は言葉がきれいではない場合が多いと思います。

 

美しくない言葉(単語)がたくさんあり、平気でそれを使う人(時)が多いといえます。

※厳密にはきれいでない方言や言葉はなく、あくまで単語のことです。

 

 

言い争いをしている国同士や、人やネット上の書き込みでもなんでも、きれいではない

言葉を使う方がだいたいよくない(稚拙、未熟)と思って間違いないと思います。

 

 

脱線しますが、「お前」という言葉を使う会社や夫婦で良い関係はまれです。

 

(人の本性があらわになる弱い立場への)子供に語気を強めて「うるさい!」という言葉を使う大人が少なくないですが、「静かにしようね」と(相手を尊重し)同じ目線で目をあわせて優しく言うのが適切です。

 

 

【魔法のコトバ】

大丈夫

仏教語(用語)らしいのですが、子供に使うには一番良い言葉。