時代の変化〜時流〜

赤の愛の漢字JAPAN

 

アイジャパンは時流を読むことの重要性を認識しているため

このようなコンテンツをご用意しております。

 

ひそかにアクセス数の多いコンテンツとなっています。

 

 

 

そもそも時流とは

一言で「地球の自転のように逆らえないもの」と定義しています。

 

 

古代中国の列子の言葉(説符第八・八)を借りれば

「得時者昌 失時者亡」

時を得(う)る者は昌(さか)え、時を失う者は亡ぶとあります。

 

春夏秋冬のように常に世の中は変化します。

種をまく時期を誤ると作物が実らないように物事にはタイミングがあります。

 

 

 

 

21世紀の今、大局・対極的にみれば

中心のある世界から中心のない世界への移行です。

 

 

 

 

 

過去・現在】

 

世界では長年、男(中心)社会と言われ、

父性的な厳しさ(緊張)

大きさ数や力を必要とした権力、大企業、国家、国力



威厳(権威、豪華、大きな建造物)

威圧(強制・命令型、ハードパワー)

競争(格差・戦い・勝負・狩猟的な奪い合い・奪う愛、No1)



固執(主義・主張・ドグマに縛られる、固定観念、頑固)

考える(ロジカル、思い込み)

保有(所有、自前、囲い込み)



強固(画一性、縦社会、学校名・卒業歴、出生地、組織○教、ピラミッド的組織)

ピラミッド

建前(伝統・形式的、遠慮)

見栄(自己顕示)などの偏った社会から、

男尊女子

 

 

 

 

 

【現在・未来

 

人が織りなす人間社会において

縦社会を象徴する縦糸(経糸)ともいえる男性原理(中心・偏り)の時代は終わり、

横糸(緯糸)で紡ぐ女性原理(重心・重なり)に移行し

国や世界レベルでバランス(飛躍)をとろうとしています。

 

※分断された縦線(分別智)に横線が覆いかぶさり面(無分別智)になるイメージです。


 

 

 

 

すなわち

母性(愛)的無償の愛無私、利他的、いたわり)や

赤ちゃん

安心(あたたかさ、リラックス)

小さい(個人、少ない、オンリーワン)



無形(組織を持たない、内なる信仰心)

共感(感動、わかちあい)

柔軟(ソフト、ゆるやかなつながり、非連続



調和(尊重、和の文化、多様性、寛容)

共有(シェア、拡散、同期、同調)

(自然を)守り(共生、環境保全)

生み(創造、起業、共創)

子犬2



育てる(生涯学習・学習歴)

感じる直観、感性)

美的(デザイン、センス、カラフル、美しい言葉)

勉強



自由自由意思、選択、型破り、自己規律・責任)

本音(オープン)・・等の価値が求められる時代と考えます。

 

 

 

 

上記の区分けを世界の国や企業を当てはめると違った景色が見えてきます。

国でいえば上段は軍事大国で、下段は都市国家のシンガポールやスイス、北欧諸国がイメージできます。

 

 




国単位(中心)から都市や地域単位(分散)へ

日本ブランドから

東京や大阪、京都を筆頭に

北海道、渋谷、福岡など都市・地域ブランドが世界に向けて花咲(開く)く時代です。

 

 

アメリカならカリフォルニア州(シリコンバレー)、都市国家シンガポール、中国なら上海・深セン・成都・杭州、スペインならバルセロナ・・・

 

 



ビジネス的にいえば

自社(論理)中心から(真に)顧客中心(本位)

大企業(系列)から、ベンチャー企業さらには老若男女関係なくユーチューバーなどのように個の活躍の時代へ

 

 

 

オープン

またクローズドのいわゆる閉じた秘密主義や系列といったような強固に限定したものではなく、

情報・技術(論文)をオープンにし、社外と協調しながら持続的に成長するというエコシステム(生態系)というモデルです。

 

オープン化は一見損をするようでいて、人材が集まりやすくなり、量と質を確保し成長するのです。

 

 

 

 

 

エネルギー分野では

原発、火力(中央)から、

住宅の太陽光(分散)など再生可能エネルギー、そして究極は米起業家がこぞって尊敬するニコラ・テスラが提唱したフリーエネルギーのように・・・

 

技術分野ではインターネット、仮想通貨、ブロックチェーン、エッジ・・・

医療分野では西洋医学中心の紋切型の治療から個別・精密治療(iPS、光免疫治療等)、東洋医学の復興・進化です。

 

 

 

学びの世界では

学校名・入学歴(一時期)、理系・文系など分別し知識(偏重)重視から、

学習歴(生涯学習)重視で無分別智想像力を高め本物が求められる時代へ

※想像力は動物にはなく人にしかない能力

 

 

答えの定まった知識・記憶力重視から、記憶はネット検索やAIに任せ

人によって異なる個性をいかし才能を開花させ答えのない課題を解決する時代へ

 

 

 

政治でいえば

2世、3世議員や高級官僚、大企業、医者、弁護士でかつ男性中心から

創業・中小の企業経営者や女性、若者が参画し大きく入れ替わるイメージです。

 

 

 

 

 

まさに中心のない時代です。

 

 

 

 

 

21世紀とは知の時代と定義しています。

知には人工知能の知も含まれますが、悪用すれば自滅してしまい、人間の善なる力なくして、発展はありません。

 

 

地動説から天動説に変わったようなインパクトが訪れる時代で、地上(地球)中心から天空(宇宙)中心の時代です。

 

最新宇宙論によると宇宙は多元・多次元などはるかに大きくて豊かで変化に富んでいる多様な世界であることを示唆していますが、あらたな発見による人類の意識変革が起きる時代です。

 

 

われわれは一時の流行ではなく、本物の変化である時流をよみ、

時代の流れにマッチしたものを提供し続けます。



 

ビジネスの世界でも個人消費の意思決定で8割が女性であり、

人類が経験したことのない少子高齢化や嗜好が多様化する中で、バランスをとる必要があります。

 

 


「情報」や製品・サービスを通して人を真に幸せにするお手伝いをする中で、

平和な社会づくりに貢献してまいります。

 

 

 

 

 

 

無視できない大きな流れ

 

◇中国とインドは復活途上

国の下剋上が起きています。

中国やインドは今、歴史的にみて台頭ではなく復活途上にあります。

 

 

中国はすでに日本の2.5倍規模のGDPで、2020年代に世界最大の経済大国になり、インドは2018年には世界5位のイギリスを抜く経済大国になろうとしています。

 

2000年経済史

 

過去2000年の世界経済史を研究したアンガス・マディソンという歴史統計家によると、欧米の時代とは長い歴史の中ではまれなもので、大半は中国とインドが世界のGDPの過半を占めていたといいます。

 

 

一方で衣食住の発達により温暖な地域から寒冷地域(北欧、ロシア、カナダ、日本でいえば北海道)にまで人が住むようになり、今や寒い地方の方が豊かになっています。

 

よって今後は過去に逆戻りすることはなく、より多極化の時代となることでしょう。

 

 

 

 

 

◇示唆に富む1980年の松下幸之助さんの言葉

中国が発展すれば

日本も発展し共存共栄のアジアが生まれる。

21世紀以降、

世界の繁栄はアジアに訪れ

そのリーダーは日本で、中心は中国になる。




世界は時計の針のように繁栄の中心がまわっている。

エジプト、ローマ、イギリスはじめ欧州、

20世紀はアメリカ(東海岸)へ。

 

21世紀、次の繁栄は太平洋を渡って日本に来る、アジアに来ると・・・

 

 

 

松下幸之助氏は40年近く前に中国の台頭を予測していました。

21世紀はアメリカ(西海岸)、日本、オーストラリア、

韓国から中華圏、インドへ軸が移りより多極化することでしょう。

 

※正確には国境が実質なくなり、意識が天に向かい宇宙時代(地球の外)の幕開け

 

 

 

中国は日本人が考えるよりはるかに多種・多様な国です。

中国国内も長期的に見れば北京中心から多極化していくことでしょう。

アメリカも今のままではカリフォルニア州などが・・・

 

 

 

アイジャパンの大分類の目次