なぜアイ・ジャパンの本社は渋谷なのか

ロゴ


世界をリードし世界一を目指す

グローバル都市TOKYOにおいて、


渋谷は、米国シリコンバレーのように

日本におけるイノベーションの中心であり、

東京都が定める

「先進的な生活文化など世界に開かれた情報発信拠点」

ゆえに選びました。

渋谷スクランブル交差点2

 

 

 

 

 

詳しくは以下3点です。

 

渋谷スクランブル交差点300

 




■東京・渋谷は強力なブランド区です

都心五区の一つで、新宿にならぶ副都心です。

 

 

ブランド区ともいわれる渋谷は、

住みたい街ランキングで常に上位に位置する

吉祥寺中目黒自由が丘

下北沢、三軒茶屋、二子玉川、

横浜(+たまプラーザ)といった

東京と横浜の高級住宅地沿線(東急東横線・田園都市線、京王井の頭線)の

中核ターミナル渋谷駅があります。

SHIBUYA会社300

 

 

 


渋谷区には若者でにぎわいファッションの中心地である

原宿表参道(駅は港区)があり大人の街、

恵比寿代官山があり、港区・青山と隣接しています。




日本一の参拝者数を誇る明治神宮が(正式には格上の宮)あります。

おしゃれな大学で全国一の青山学院大学もあります。

渋谷さくら坂


目黒川の桜

※事務所近くの目黒川




地域でいえば松濤(しょうとう)、広尾と並び、

(小さいので目立ちませんが)ここ南平台(なんぺいだい)は

私鉄トップの東京急行電鉄が本社を構える地です。


憧れのブランドエリアで、都内屈指の閑静な高級住宅地があります。



SHIBUYA地図300



世界最大のターミナル駅、新宿駅も南側は渋谷区になります。

 




渋谷区周囲には港区、新宿区、目黒区世田谷区品川区などがあり、

その中心に位置します。

 

地域密着でいままでにない魅力ある高付加価値のサービスを提供していく考えがあります。

この地で成功したものは、世界で成功するものと確信しています。

SHIBUYA地図

 

 



住まい情報のスクランブル交差点3

 

 

 

 

SHIBUYAは世界的「文化・情報」のスクランブル交差点

「情報企業」にふさわしく人が集まり同時に「情報」が集まります。


活気に満ちたエネルギーを持つ街で文化のるつぼでもあり、

世界に「情報」を発信できる地です。

shibuya-crossing7

 

 

 

 

世界に「情報」を発信する公共放送のNHK本社があり、

未来ある若者が集まり活力みなぎる

クールな若者文化・ファッションの情報発信地です。

 

 

 

人も「情報」も集まる世界的な街であり、

ハリウッド映画の舞台で世界的観光スポットでもある

世界一有名渋谷スクランブル交差点があります。



 

世界的観光300

 

 

訪れた外国人は、大勢の人が一度にすれ違う光景に日本を感じるといいます。

 

世界で最も忙しい交差点、

赤信号を守りルールを守ることを信じられないといい、

誰もぶつからないことに驚き、

秩序正しい日本の縮図と見ています。

 

 

 

 

渋谷は「情報」で様々な人や会社をつなぎ

ビジネスを展開するにふさわしい「情報」の交差点であり、

会社の顔であり代表となる人財も獲得しやすいと考えています。

渋谷スクランブル交差点5

 

 

 

夢ですが、事業を通して世界に日本の価値である

他人へのサービス精神に根差した「おもてなし」にはじまり、

「規律(安定)」と「信用(安心)」を広める起点として

ふさわしいと考えました。

 

 

 

今はフランスでも英語がクールとなっているように、

日本のよき文化を、事業を通じて広めるようなクールな会社を目指しており、

日本でもっともクールな渋谷はふさわしいとの考えがあります。

 





渋谷上空


■渋谷は革新企業としてあらたなモノやサービスを生み出す風土があります


ITとは「情報」技術( Information technology)であり、

ベンチャーとは「革新的企業」をいいます。

 

渋谷はこれらの企業の集積地であり

新たなサービスを生む風土やカルチャーがあります。

 

 

 

ビジネスにITは欠かすことのできない今の時代にあって、

ITを活用した新たなサービス生み出すにふさわしいと思いました。




2017年にAIが一気に注目され、

2018年以降、AIが当たり前のように浸透しようとしていますが、

2020年頃の5Gという高速通信による大きな変革の時代をむかえています。

shibuya-crossing6




2017年11月17日に世界的IT企業のGoogle社の中心人物の

ルース・ポラット氏(アルファベット上級副社長兼CFO、グーグルCFO)と

アイリーン・ノートン氏(グーグル人事担当副社長)の話を

六本木ヒルズで聞く機会に恵まれましたが、

そのグーグルが2019年に渋谷に移転する話を聞きました。


イノベーションを起こす風土があるために渋谷に9年ぶりに戻ることが決まりました。


SHIBUYA

※右端のビルが最初の拠点で、中央右の白いビルに六本木ヒルズから移転予定




グーグルが創業し3年目、

初めての海外拠点として渋谷にオフィスを設立し、

当時は投資家やイノベーターを引き寄せるシリコンバレーに似た雰囲気を

持っていたため選んだそうです。



その後六本木に移り、

渋谷に回帰するということで、

渋谷はさらに注目されることでしょう。




アイジャパンはその渋谷で、

AI活用など最新テクノロジーに強い会社を目指しています。

 

SHIBUYA2

 

 

 

【2017年6月追記】

リオオリンピックでの東京PRでスクランブル交差点を舞台にし、

世界的な旅行ガイドブックには日本にかならず訪れるべき

3大観光地の一つであります。



shibuya-crossing8



2017年春には東京都が米ニューヨーク・タイムズ紙に広告を出し、

渋谷のスクランブル交差点から

人文字で「さあ東京へどうぞ」と伝える写真が載りました。




まさに日本といえば渋谷

渋谷が象徴になっていて、

世界でもっとも有名なスポットになり、

ますます注目をあびています。

 

SHIBUYA-会社3

※オフィスからの眺め