環境、エネルギー関連について

◇エネルギー問題とは何ですか?

一言でいうと日本は海外に依存しているため「ぜい弱」ということです。

 

まずはエネルギーのことは資源エネルギー庁のホームページをみると良いと思います。

日本のエネルギー自給率は2013年時点で6%しかありません。

東京都にいたっては0.31%、神奈川県1.35%、千葉県1.56%、埼玉県1.09%です。

農業

 

化石燃料への依存が高まっているため、海外からエネルギーを調達する費用がかさみ貿易赤字が拡大しています。

最近は改善されてきましたが、依存している分、影響を受けやすく国力が強くならないといえます。 

乾いた畑




◇地球環境問題とは何ですか?

一言でいうと、人が暮らせる環境が人的影響により”マサカ”を想定しなければならない状況にあるということです。

 

よく「地球環境を守るため」という言葉がありますが、ただしい表現とは言えません。

あえて究極をいうと人類がいなくなっても地球は今とは単に異なる環境で存在し続けます。

人類が生存できる環境を守るという言葉が適切です。

光る地球

但し、人類にとって動植物の食物連鎖が崩れてしまえば危うくなるわけです。

よって動植物に異変がおきれば結局人類が危うくなるわけです。

 

ゆえに人類を含めた動植物にとり、地球環境の異変を最小限にとどめるために、全世界が環境問題に真摯に取り組む必要があるといえます。

 



地球温暖化について簡単に教えてくれませんか?

一言で「ゆでガエル現象」といえます。

人類の今おかれている状況はよくビジネスの世界で使われる、気づいた時にはすでに遅いという「ゆでガエル現象」ではないでしょうか。

砂漠

 

地球の陸地の3分の1が人的な影響もあり砂漠化、乾燥化しています。

そして人類が生息している地域で今までと違う異常な変化が感じられますが、実は北極圏、南極圏で大きな変化がおきているのです。

「地球温暖化」という言葉自体が今よりあたたかくなるくらいの軽いイメージで誤解を与えているように思います。

溶けつつある氷河

 

地球という惑星という視点でみれば温暖化程度でしょうが、我々人類や動植物にとっては「地球環境激変」であり、「地球生命危機」「地球極暖化」という言葉が適当だと考えます。

 

温暖化の原因は主にCO2ですが、世界のどこでCO2を出しても影響は世界中におよぶため、国レベルではなく人類共通の問題です。

先進国は特に昔から最も多くのCO2を排出し、大国である日本の責任は非常に大きいわけです。

imasia_5546625_S.jpg




◇地球温暖化といわれているのに、なぜ世界各地で寒波がきて大雪になるのですか?

海があたたまり、北極上空の大気があたたまったことによって、安定していた気流が乱れ、そこにもともとあった冷たい空気が周辺へと移ってしまいます。

これまであたたかかった地域で局地的な大寒波が起きてしまうのです。

 

海があたたかくなり温暖化して、冷たい空気が北極をあたため、周辺部が冷たくなるという奇妙な現象が起きているのです。

溶ける氷

長年安定していた気候システムが壊れはじめているのです。

 

 

 

◇kWとkWhの違いをわかりやすく教えて下さい

100wの電球を10個つけると1kW(キロワット)になります。

それを1時間つけた時のエネルギー量を1kWh(キロワットアワー)といいます。

 

お風呂にたとえると、蛇口から出る瞬間の水量(断面)がkWで、浴槽にたまったお湯の量がkWhだと思ってください。