《2019年》電力自由化と水道光熱費(電気代・ガス代)の最新情報

AIJAPANロゴ

首都圏にお住まいの皆様に、住まいのアドバイザーが大きな関心事の一つである水道・光熱費について疑問、質問形式でお答えします。


本コンテンツは大きな反響をいただいており、人気コンテンツの一つです。



アイ・ジャパンは世の中に氾濫する断片的な情報ではなく、整理された良質の情報を無料コンテンツという形でご提供する中でお役に立つ渋谷発・業界初の情報企業です。

 

家計支払

 

 

 

◇2019年6月27日の最新ニュース

太陽光を設置しているご家庭も多いと思いますが、10年の固定買取りが終了する卒FIT(フィット)余剰電力の買取価格が出揃いました。

東北電力9円/kW、東京電力8.5円中部電力と北海道電力8円、中国電力7.15円、九州電力7円、四国電力7円と発表。

 

 

 


◇東京電力の最新2018年までの数年間の平均電気代推移がわかるグラフはありますか?

2010年1月〜2018年10月までの最新版を公開します。

電気代推移2018年8月500


 

東京電力管内は2019年4月まで14ヵ月連続の値上げです。

※ガスも同様に値上げしています


 

 

 



◇電気の明細(検診票)の再エネ発電賦課金とは何ですか?

正式名称は再生可能エネルギー発電促進賦課金(ふかきん)です。

太陽光発電を設置するメリットとして売電収入がありますが、その原資になっているものです。

太陽光をつけている人もそうでない人も、太陽光を付けられないマンションやアパートに住む人も、電気を使用する人全員から使用料に応じて、国にかわって電力会社から徴収されているといえます。

 

 

電気を使う人はたくさん徴収されていて、まるで消費税のようなものです。

 

毎年5月分から値上げとなり、環境省が2030年代にピークを迎えると試算していますが、しばらく下がることは無いということです。

 

 

電気代推移2018年8月未来500

 

 



以下は標準家庭300kWh/月の計算ですが、実際は東京電力管内のアンペアごとの平均は以下のとおりでもっと高いということです。

40A(320kWh)   8,432円

50A(410kWh) 11,341円

60A(490kWh) 13,959円

 

 


【平成24年度(2012年)】

0.22円/kWh 

66円/月(792円/年)

 


【平成25年度(2013年)】

0.35/kWh

105円/月(1,260円/年)

 


【平成26年度(2014年)】

75/kWh

225円/月(2,700円/年)

 


【平成27年度(2015年)】

1.58/kWh

474円/月(5,688円/年)

 


【平成28年度(2016年)】

2.25/kWh

675円/月(8,100円/年)

 


【平成29年度(2017年)】

2.64/kWh

792円/月(9,504円/年) 

 

 

【平成30年度(2018年)】

2.90/kWh

870円/月(10,440円/年) 

 

但し標準家庭の計算が2016年度までの電力使用量300kWh/月だったのが260kWhに下がっており月額686円。


 

標準家庭の300kWhは30Aでアパートに暮らす単身世帯も含まれます。

60Aの平均家庭だと490kWhのため

2.64×490=1,293.6円×12ヶ月=15,523円

数年後はどこまで上がるのか・・・




 


◇2016年4月の電力自由化で電気の料金プランの変遷

東京電力さんは2016年1月7日に新プランを発表しました。


現行(旧)プランは2016年4月以降も継続しますが、新規の申込は終了しました。

よってオール電化の5%割引「全電化住宅割引」が廃止となりました。

 


従量電灯Bに関しては経過措置として、2016年4月以降も新規受付をしています。

※従量電灯Bの後継にあたるのはスタンダードプランSですが、どちらも選択可能です。

 

住まい情報のスクランブル交差点

 




◇東京電力の新プランと現行(旧)プランの大きな違いは何ですか?

違いは5つです。

1.ポイント(Tポイント、ポンタ)が付く

2.1年か2年契約になる。途中解約は違約金が発生する場合がある。

3.スマートメーターになる(例外あり)

4.基本料金の計算式が変更(毎月変動)→2017年11月1日からの新プランは従来のアンペア契約へ

5.ブレーカーが上がることがなくなる

+紙の検針票はなくなりネット(TEPCO)で見ることになります。


※新プランは関西電力、中部電力の地域も対象となります。




【基本料金の注意点】

今まで固定だったものが、使用実態に応じて変わります。

スマートメーターにより30分単位の平均値で使用実態に応じて算出(スタンダードプランSの基本料金は固定)。

但しあまり心配する必要はありません。

よくとらえれば、節電する家庭は基本料金も下げられるようになるということです。

2017年11月1日から後継の新プランでは従量電灯Bと同じくアンペア契約で基本料金が固定になりました。




□基本料金の計算式

スタンダードSプランを除き、契約電力1kWあたり450円が基本で、2016年4月が起点とし、30分ごとの計算で過去1年間のピーク電力を2倍にしたもの。


2017年11月1日から新しく新設されたオール電化家庭向けの「スマートライフS」および「スマートライフL」は従量電灯Bと同じく10Aごとに280.8円です。

 

 

 

スマートメーターとはデジタルメーターで今までのアナログとは異なります。工事代は一切かかりません。

平成32年までに全世帯でスマートメーターに切り替わります)





◇現在アパートで2016年4月に戸建てに引っ越しをすると新プランしか使えないの?

東京電力管内であれば今のプランをそのまま継続できます。

現在電化上手なら、転居先でも電化上手を継続できます。

他の電力管内から東京電力管内に引っ越しをして、新規に契約の場合は新プランしか選択できません。

 





◇オール電化プランは新プランでどう変わりましたか?

電化上手プランが廃止となり、後継はスマートライフプランになりました。

添付の比較表を見ていただくのが早いですが、

東京電力さんだけ割安な深夜電力の時間が8時間から5時間に短縮し単価も上がりました。

他の電力会社さんは単価は上がりますが、8時間から10時間というように長くなっています。

オール電化新旧比較



オール電化割引(全電化住宅割引)は今回の東京電力さんの廃止決定で全電力会社さん全てが廃止になりました。

中部電力さんは2016年度より停止予定で、他は2015年度以前に停止していました。


それでもガスなど他の熱源を使用するよりは電気に一本化した方が基本料金も一本化になりお得になります。



 

 


◇今すぐに他の電力会社に乗り換えたほうがいいの?

電化上手など深夜割のあるプランやオール電化の方は新電力に乗り換えないほうがいいです。

割引がすべてなくなる上に、夜安くなるプランやオール電化割りはいまのところ用意されていないためです。

 

新電力だけでなく、深夜割のある九州電力さんや中部電力さんが東京電力管内に参入するといっても深夜割引プランは展開しません。

 

 

 

 


【東京ガスの場合】

都市ガスが東京ガスさんのエリアで、現在従量電灯Bで、ある程度電気を使う家庭なら東京ガスさんの電気を選択するとメリットがあるかもしれません。

 

電気料金は3段階方式ですが、2段階以上の単価が安くなる上に(1段階は東電より高い)、ガスとのセット割りで電気の基本料金も毎月270円安くなり、年間で3,240円安くなる計算です。

 

加えて、1年、2年契約といったしばりはなく、いつでも解約でき、解約金も取られません。

2018年3月までは水回りや鍵、ガラスなどトラブルのかけつけサービスがつき、応急措置は無料でした。

 

 

 

 

 

◇電化上手プランはいつのまにか価格が上がった?

電化上手

深夜料金が当初7円だったものが、9円になり、2014年には12円になりました。

よって10年以上前のエコキュートをご使用なら最新の省エネエコキュートに切り替えをおすすめします。

 

 

 



◇電気、ガス代の月額平均を世帯人数別で教えてもらえますか?

総務省統計局の家計調査から最新で平成27年(2015年)の全国データがあります。

対象はアパートやマンションも含むため、戸建て(一軒家)の場合は高くなると考て良いと思います。

節電




【電気代】

単身世帯:     5,599円

2人世帯(家族):  9,763円

3人世帯(家族):11,296円

4人世帯(家族):11,843円

5人世帯(家族):13,698円

6人(家族)以上:16,200

 

 


【ガス代】

単身世帯:       3,291円

2人世帯(家族):5,006円

3人世帯(家族):6,064円

4人世帯(家族):6,115円

5人世帯(家族):6,437円

6人(家族)以上:6,490円

ガス




【灯油等その他の光熱費】

単身世帯:        685円

2人世帯(家族):1,358円

3人世帯(家族):1,166円

4人世帯(家族):1,039円

5人世帯(家族):1,277円

6人(家族)以上:2,150円

 





◇世代、年齢ごとの月額平均の電気代、ガス代、水道代はわかりますか?

(スマホの場合は画面を横にして見てください)

 

2015年度 2人以上の世帯で世帯主の年齢階級別1世帯当たりの水道光熱費支出金額

品目分類 〜29歳 30〜39歳 40〜49歳 50〜59歳 60〜69歳  70歳〜

電気代 3,659円 8,102円  9,836円 10,280円  10,266円  9,132円

ガス代 2,750円  4,720円 5,264円   5,517円  4,955円   4,785円

灯油等  141円  489円   754円  1,207円  1,357円   1,303円

水道料 1,635円 3,800円 4,801円  4,813円   4,525円   3,965円

                                ※政府統計の総合窓口e-Statのデータをもとに作成

imasia_9233429_S.jpg

 

 

 



◇関東の都市ごとの月平均の電気代、ガス代、水道代はわかりますか?

(スマホの場合は画面を横にして見てください)

 

2015年度 都道府県庁所在市別1世帯当たりの1ヵ月水道光熱費支出金額

      東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 

      区部  横浜市 さいたま市 千葉市 水戸市 宇都宮市 前橋市 

電気代 8,880円  8,485円 8,865円 6,327円 10,134円 9,748円 8,952円

ガス代 5,390円  5,700円 5,347円 4,102円 5,064円 5,329円 4,284円

灯油等  168円   238円   448円  214円   701円   891円  1,047円

水道料 4,078円  3,972円 4,386円 2,972円 4,053円 4,869円 4,103円

合計  18,516円 18,395円 19,045円 13,615円 19,953円 20,837円 18,385円

                                ※政府統計の総合窓口e-Statのデータをもとに作成

 

AIJAPANロゴ

◇戸建てとマンション(アパート)の光熱費はどのくらい違いますか?

住宅環境評論家の話によると、一戸建てとマンションの光熱費をくらべると、一戸建てはマンションの1.5倍といいます。

 

 

但し、マンションといっても最上階の角部屋と中間の真ん中では2倍以上光熱費が違うケースもあるといいます。

外気に触れる面が戸建ては6面であり、マンション最上階の角で4面、マンションの中間の真ん中は2面や1面もあります。

 

 

 

 

アイジャパンの大分類の目次

 





◇ニュースで見る一般家庭とか標準世帯の定義(基準)は何ですか?

東京電力の場合は平均30A・290kWhモデルでアパート等に暮らす単身世帯も含みます。

2016年6月からは290kWhから260 kWhに引き下げられました。

一般の戸建てにお住まいのご家庭は、まれに30Aにされているご家庭もありますが、40Aから60Aです。

 

築浅のご家庭は若い世帯が多く40Aから50Aが多く、子供が大きく家族の人数も多いご家庭で60Aが多くなります。

LED

 

 




◇エアコンと電気代の関係

夏場の電気代の半分以上を占めるエアコンの節電についてご紹介します。

 

1年間全く掃除をしない場合で約25%もエアコンの電気代が高くなるという情報があります。

極端な例としてもまめに掃除をすることが重要です。


 

部屋には温度差があるため、扇風機よりサーキュレーターを使うと空気の循環の補助をして効率よく冷暖房の補助をしてくれます。

 

 

エアコンの起動時は電気を消費するため、エアコンの機種によりますが最新のものであれば1〜2時間程度ならつけっぱなしの方が電気代が安く済む場合があります。

最近のエアコンは安定時の電気代が低いためです。

外出するなら1〜2°高めにしておくのがベストです。

 

 

室内だけに目がいきがちですが、室外機にも注目すべきです。

日陰にすることですが、風通しをよくするためすだれを使うと節電になります。

5%節電できるという情報もあります。

 

 

壁との距離を離すのと、背面の掃除をすることも重要です。

ホコリが布団のように張り付いてしまっていると効率が悪くなります。


猛暑日に家を閉めきっていると、2Fの寝室などでは17時くらいに温度のピークがきて、その後もなかなか下がりません。

 

そこで窓を開けエアコンの送風を使い10分以上は換気することが必要です。

特にマンションではコンクリートに熱をもつためです。

炎天下の車と一緒です。



 

家計

 

 



◇一般家庭の電気代で同じ家族構成なのにものすごく安い家庭と高い家庭があるのはなぜですか?

電気は使えば使うほど単価が上がるためです。

 

通常一般家庭では従量電灯Bという電力契約形態で、基本料金はアンペアごとに変わることはみなさん知っていますが、世のなかの常識に反して電気代を多く使用される家庭もしくは使用月は極端に高くなってしまいます。

困っている夫婦の絵

 

料金単価は三段階方式で下記は東京電力さんの場合ですが、電力会社さんによっても単価が異なり、残念ながら東京電力さんはいずれも高いです。

 

 

 

 

◇従量電灯Bの電力料金単価(円/kWh)

1段料金 120kWhまで  19.43円

2段料金 121〜300kWhまで25.91円

3段料金 300kWh超   29.93円

 

 

 

◇使用例

@300kWh

19.43円×120kWh=2,331円

25.91円×180kWh=4,663円

29.93円×  0=        0円

                       合計6,994円

 

 

 

A600kWh

19.43円×120kWh=2,331円

25.91円×180kWh=4,663円

29.93円×300kWh=8,979円

                       合計15,973円(300kWhの2.28倍)

 

 

 

B900kWh

19.43円×120kWh=2,331円

25.91円×180kWh=4,663円

29.93円×600kWh=17,958円

                        合計24,952円(300kWhの3.57倍)

節電






◇一般的に電気代がかかる月とかからない月を教えてください

電気を一番使うのは2人以上の世帯で1月が最もおおく、12月、2月が次に多くなります。

夏場は9月が最も多く、最も使わないのが、6月、11月です。

冬、夏、秋、春の順で電気を使っています。

 

 

 



◇なぜ電気代は夏より冬の方が高いのですか?

冷房と暖房では圧倒的(2〜3倍)に暖房が高くなります。

使う期間もありますが、外気温との温度差は暖房が倍違うためです。

 

 

一つの例を出すと、

冷房は外気が33℃だと室内26℃で、7℃の差です。

一方で暖房は外気10℃から室内26℃と16℃の差あります。

7℃差と16℃差の違いが電気代にはねかえってきます。

 

ではなぜ多くの人が夏の方の冷房による電気代が高いと思っているかというと、冬の暖房は電気だけでなくガスや灯油と分散するため目立たなくなるためです。

エアコン暖房






◇電気代、ガス代、水道代は住む地域によって料金はかわりますか?

はい、変わります。

電気代は東京電力管内であれば同じです。

エリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県の富士川以東です。

 

静岡県は東側半分が東京電力さんですで、西側は中部電力さんと別れていますが、基本的に県より小さい単位で変わることはありません。

エコ

 

一方ガスは東京ガスさんのエリアは比較的広いですが、東京電力さんほどではなく、地方へ行くほど地域の都市ガス会社があり、プロパン会社が多くなっていきます。

 

意外にも埼玉県は東京寄りの都心でも都市ガスが普及してなくプロパンガスのエリアが多いという特徴があります。

埼玉県

 

千葉県は比較的大きい準大手の京葉ガスさんや、東京ガスグループの千葉ガスさんの都市ガスが多くなります。

千葉県

水道代は市町村など自治体によって変わります。

 





◇東京電力は他の地域の電力会社の料金と比べてどうなの?

2014年で最も値上がりした5月時点では、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、東北電力、四国電力、九州電力、北海道電力、北陸電力の順に高いのですが、東京電力と北陸電力の差は標準家庭で月額1,380円程になります。

 

仮に40A・450kWhモデルでは2,230円程で、60A・1000kWhでは5,360円程の差になります。

 

2011年2月時点では北陸電力は東京電力より若干高かったのが、東京電力の値上がりが急(37〜40%強)で北陸電力は緩や(13〜15%強)であったため開きがでたというわけです。 

 

2015年10月には関西電力が最も高く、続いて北海道電力、四国電力、中国電力、東京電力となり、東電さんが大幅に下がっています。

※厳密には沖縄がもっとも高いです。

 

 

 



◇冬場のガス代が高いのはなぜですか?

一言でいうと水温が関係しています。

エネルギー白書によるとお湯をつくる給湯が家庭に占める割合は全エネルギー消費の28%になります。

ガス単体でみればほとんどが給湯が占めています。

※2014年家庭用エネルギーハンドブックによると、関東では給湯が34.8%を占めます。

困った夫婦

 

 

都内だと2月には水温が5℃近く下がり、8月は水温が29℃を超えることもあります。

42℃のお湯をつくるのに、水温と設定温度の差が2月だと37℃もあり、8月だと13℃になります。

 

42℃−5℃=37℃

42℃−29℃=13℃  


冬は37℃差あり、夏は13℃差と冬と夏では3倍近くの差になり、それだけ冬はたくさんのエネルギーを使うわけです。


実際夏場の設定温度は冬場にくらべて下げることが多いと思いますので、3倍程度と考えて良いと思います。

お風呂などに入る機会が増えたり、お湯の設定が高くなることもあります。

暖房がガスであればさらに上がるわけです。 

よって、冬場は夏場にくらべて3倍程度ガス代が高くなっても不思議ではありません。

 

※水温差は東京都水道局のホームページで見ることができます。 

※家庭で使われるガスの量と気温・水温の関係は東京ガスさんのホームページで見られます。

 

 

 



【もっと詳しいことを知りたい方は】

電気代を下げたい方は◇電気代の今後2017と節電・節約

 

 

エアコンを11年以上ご使用の方

◇【2018年夏】エアコンクーラー人気おすすめ用途別メーカーランキング

◇【2018年】家庭用スマートエアコンの買い替え・買い方情報

 

 

 

 

 

エコキュートを11年以上ご使用の方

今の給湯を11年、12年以上ご使用ですか?


修理用交換部品はどのメーカーも製造終了から10年間生産・保有しますが、その後在庫がなくなれば修理ができないのはご存知ですか?

※初期モデルで一部メーカー機種によっては7、8年間もあります。

 

13年以上給湯器をご使用の方は早急のご検討をおすすめします。

 

 

エコキュートのデータはありませんが、

部品保管期間がエコキュートと同じ10年間のエアコンの場合、

買い替えた世帯の平均使用年数は(2000年から2017年までの平均が)

11.2年故障による交換が60%です。

 

 

アイジャパンで工事をさせて頂いたお客様は

平均使用年数13年程度で70%が故障による交換です。

 

 

 

 

エコキュートはエアコンとは真逆で秋冬の11月末以降に一気に需要が高まります。

この前の冬はメーカー・機種によっては1-3ヶ月待ちもありました。

 

 

工事日程もすぐに組めず、業者には足元をみられ、メーカー納期も大幅に崩れ、

選択肢が狭まることが多いため夏場のご検討をおすすめします。



やるやらないは別として故障する前に余裕をもって、2019年10月に予定している消費増税前の今ご検討することは最善かと思います。


数多くのお客様の緊急対応・交換工事をしてきたアイジャパンとしてはから願っていることです。


下記からコンテンツを分割しました。

◇【2018年秋】エコキュートの買い替えおすすめメーカー比較・価格情報


 

 

 

 

屋根に載せない太陽光はご存知ですか?

◇太陽光発カーポート・ソーラーカーポートおすすめメーカー2018年

 

 

 

 

蓄電池に興味のある方は

◇2018年家庭用スマート蓄電池のおすすめメーカー情報

 

 

 

ガス代低減とガスの仕組み・業界のことを知りたい方は◇ガス業界・ガス会社

水道代のことを知りたい方は◇水道業界・水道代2016




水道代のコンテンツの大部分を上記に移しました。

※本コンテンツはメニューの「疑問・質問」にあります。




アイジャパンの大分類の目次