東京都の蓄電池・太陽光発電補助金情報2019年(31年度・令和元年度)

 

ロゴ

更新日:2019.10.9

 

住宅用の太陽光発電には自治体によっては補助金がでますので、いくつかの自治体の情報をまとめています。

 

 

 

【最新ニュース】

卒FIT余剰電力の買取価格は東北電力9円/kW、東京電力8.5円、関西電力と中部電力と北海道電力8円、中国電力7.15円、九州電力7円、四国電力7円となることが決定しました。 

 

首都圏で10年以上前に太陽光を設置されたお宅では売電価格が48円だったものが8.5円と

6分の1近くにまで下がるということです。

 



 

蓄電池をご検討中の方は下記をご覧ください。

◇《2019年》太陽光連携 家庭用蓄電池のおすすめメーカー比較情報

 

 

 

 


【過去の情報】

2019年4月から2020年3月限定で東京都の蓄電池補助金

平成31年度災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金として

最大24万から2.5倍の最大60万にアップされましたが、8月9日に終了しました。

 

機器費の1/2  1戸当たりの上限額は次のいずれかの小さい額。

(ア)1kWhあたり100,000円に、蓄電容量(キロワット時を単位とし小数点以下第3位を四捨五入する。)を乗じて得た額

(イ)600,000円


 

 

 

【東京都】

太陽光発電の助成金(補助金)は一切ありません。


東京都は補助金ではなく助成金という名目です。

一定の条件を満たすことで必ず支給されるのが助成金です。



2017年度(29年度)は太陽光と一緒の場合のみ蓄電池の助成金が出ましたが、

前年度2018年度(30年度)からは既設に太陽光が付いていれば蓄電池の助成金がでています。

太陽光には助成金はありませんが、

太陽光と一緒に蓄電池を設置すれば蓄電池の助成金はでます(2019年8月9日で終了)。



別の言い方をすれば

屋根に太陽光が載っていない場合、

蓄電池と一緒に太陽光を載せない場合は出ないということです。


※従来あったHEMSの有無も一切関係ありません。

 

 

 

 

AIJAPANロゴ

【蓄電池購入に関するお問い合わせ】

東京・渋谷本社のアイ・ジャパンは蓄電池の販売・施工店です。

東京都の工事は専門店にお任せください。

補助金に関するお問い合わせは直接自治体へご連絡してください。

 

 

平日9時−18時 土日祝日も受付しております。

TEL:03-4360-5117

WEBでのお問い合わせはこちらまで。

 

アイジャパンの大分類の目次

 

 

◇2019年家庭用スマート蓄電池のおすすめメーカー情報

 






◇補助金情報の調べ方

検索の仕方は 「お住まいの地域名」と「蓄電池 or 太陽光」「補助金」「31年度」だと早く調べられます。

中には太陽光という言葉を使っていない場合もありますので、自治体のホームページを見たり、直接問い合わせるのが早いです。

 

 

 


◇自宅が太陽光発電設置に向くかどうかを簡単に知る方法があります

東京都内であれば、ご自宅がどの程度太陽光発電の設置に適しているがネット上で一目でわかる「東京ソーラー屋根台帳」(ポテンシャルマップ)を2014年3月に全国ではじめて開発し公開されています。

地図に自宅が表示されたらクリックすると詳細情報を見ることができます。


但し完全に正しくはなく、向いている屋根でも適していないという例が実際ありましたので絶対視してはいけませんが、参考になると思います。

 



 

 

東京都では新宿区、葛飾区、足立区、大田区の補助金が多いです。

なお、補助金は弊社が保証するものではなく、あくまで情報提供です。


 

 

 

 


【東京都新宿区】

平成28年度新宿区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金

太陽光発電は1キロワット当たり10 万円 (限度額 30 万円)。

3kWシステムまでなら全額補助金が出るということです。

設置前申請です。


平成28年4月15日(金)〜平成29年2月28日(火)受付中

27年度と異なり前期、後期がなくなりました。

エコキュートは定額10万円とかなり多く出ます。

詳しくは  新宿区役所のホームページをご覧ください。 PDFによる案内はこちらです。

 

 

 


【東京都葛飾区】

平成28年度かつしかエコ助成金として2016年3月27日に発表

27年度同様で太陽光発電は1キロワット当たり8 万円 (限度額 40 万円)。

都内での平均的な4kWシステムなら32万円という計算です。

限度額は40万円ということから5kWまでなら全額補助金が出るということです。

設置前の申請です。


申請の際に27年度の納税証明書が必要です。

転居の方は平成27年1月1日にお住まいの自治体で納税証明書を取る必要があります。


詳しくは 葛飾区役所のホームーページ(個人住宅用)をご覧ください。 PDFによる案内はこちらです。

お問い合わせの多い質問は(こちら)です。

 





【東京都足立区】

28年度は4月5日に発表され、4月11日から受付開始。

2月末までに申請。

平成27年度足立区太陽光発電システム設置費補助金として

太陽光発電は1キロワット当たり6 万円 (限度額 24 万円)。

都内での平均的な4kWシステムなら24万円という計算でかなり良い条件です。

4kWまでは全額補助金がでるということです。


平成26年度は1キロワット当たり4 万円で今限度は2万円アップしています。

※区内事業者で設置するとkWあたり1万2千円加算され7万2千円(上限28万8千円)ですが、数%とのことです。

 

設置後の申請です。

2017年1月13日時点で残り30件ほど。

万が一間に合わなかった場合でも条件が変わるかもしれませんが、連系から1年以内は申請可能で来年度申請も可能です。

詳しくは足立区区役所のホームページをご覧ください。PDFによる案内はこちらです。


なお足立区は省エネ家電購入にも補助金がでます。

税抜5万円以上の省エネエアコン・冷蔵庫など1世帯あたり12,000円です。

区内で購入する場合に限りますが、すぐになくなるので早めに申請した方が良いです。

詳しくはこちらをご覧ください。






【東京都大田区】

平成28年度大田区住宅用太陽エネルギー利用機器設置補助

平成28年4月1日〜平成29年3月31日受付

太陽光発電は1キロワット当たり45,000円 (上限 27 万円)。

都内での平均的な4kWシステムなら18万円という計算です。

6kWまでは全額補助金がでるということです。

設置後の申請です。


申請時に設置(連系)後の検針票の写しが必要なため年明けは早く工事などをすすめないと間に合わない可能性があります。

但し、例年、多少遡って受付しているそうです。


多少遡るとは28年度の補助金があまり、29年度に補助金が同じ条件で出たと仮定すると、29年2月1日以降に連系したものは29年度でも受け取れるということです。

詳しくは大田区のホームページをご覧ください。PDFによる案内はこちらです。






【東京都北区】

平成28年度北区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成

平成28年4月1日〜平成29年3月24日まで

太陽光発電は1キロワット当たり8万円(限度額15万円)

区内事業者加算されて1キロワット当たり9.6万円(限度額18万円)

ほぼ一律という形です。

設置前の申請です。

エコキュートにも補助金がでて1台当たり5万円で、区内事業者は6万円。


詳しくは北区のホームページをご覧ください。PDFによる案内はこちらです。






なお、補助金の多い地域は業者による営業が多く、業者に対してうんざりされているという現状もあるようです。




AIJAPANロゴ

【蓄電池購入に関するお問い合わせ】

平日9時−18時 土日祝日も受付しております。

TEL:03-4360-5117

WEBでのお問い合わせはこちらまで。

 

アイジャパンの大分類の目次

 

 

◇《2019年》太陽光連携 家庭用蓄電池のおすすめメーカー比較情報