選ばれる理由の前に


【選ばれる理由の前に】

何十年も使用する創エネ設備である住宅用太陽光発電を検討するお客様への業社選定のアドバイスです。

 

数多くある中で重要な”意外”なポイントだけご説明します。

 

 

 



実情

様々な会社があり複数社から話しを聞くと会社によってこんなに違うのか」と驚かれると思います。

 

業界は歴史が浅く設立6年から8年くらいの会社さんが最も多く、大手といえるほどの大手が存在しません。

 

メーカーさんは直接販売してなく、販売の世界で太陽光といえば◯◯、エコキュートといえば◯◯といえるほど思い浮かぶブランド企業は皆無です。

 

リフォーム業の最大手でシェア1%というデータがありましたが、太陽光業界も同様で小規模な会社が大半です。

 

 

 

 

 

主流

太陽光は訪問営業(電話営業含む)が主流です。


2016年9月頃からメーカーさんや同業からの直接情報によると、テレアポの会社さんやネット集客で安売りの会社さんも売上を上げ(維持)ようと訪問営業もしだしている現状があり、安さを売りにするところまであらわれ訪問=高額と決めつけることができない状況です。


※アイジャパンは訪問販売でもテレアポの会社でもありません。






レベル(差)

太陽光やリフォーム業界はまだまだ成熟していない業界のため、良くも◯くも様々な業社や人が携わっています。

 

 

 

一部の営業はトークを磨くことが主で人間心理をたくみに利用した手法で、

メーカー研修も一切しない会社もあり、営業レベルの差が大きいといえます。

 

わからないこと、知らないことは適当にいうことも散見され、誤った常識もあります。

 

 

 

 

 

よくある例

もっともよく言われるのが太陽光の年間発電量に関して「メーカーは抑え気味(低め)に計算する」というものです。

 

100人いたら99人がいうと思いますが、メーカーは低めに計算しません。

 

JIS規格(プラス・マイナス10%以内)があり、メーカーによっては(公称)出力以上のパネルが出荷されており、その結果として上回るということです。

 

但し劣化率の高いパネルはどんどん下がっていきますが・・・