スマート生活の健康情報(プレ公開) 腰痛編

 

【腰痛】

慢性的な腰痛の大半は原因不明といわれていましたが、

寝相と関係することがわかってきました。

 

 

2016年8月に東大病院が腰痛に関する衝撃の論文を発表し、

腰痛の人は寝返りが極端に少ないことが判明しました。

 

人のお腹には臓器や内臓脂肪が集中しているため、横になると体重の4割もの重さが腰にかかります。

血液が腰に届きづらくなり、深刻な酸欠状態をひこおこします。



筋肉の繊維が炎症物質を長時間にわたって放出し腰に痛みを引き起こします。

腰の骨が沈むため痛みに敏感なじん帯を圧迫し、朝おきた時に辛い腰痛が起こるといいます。





寝返り動作というのは

体を回転させる全身運動です。

広い範囲の筋肉の柔らかさが大事なのです。


寝返りは骨盤のひねりが重要なポイントで、

腰以外の筋肉が硬いために寝返りができず、腰痛になるのです。





腰痛歴の長い人は

ふだんから腰をかばう動作が多く、知らず知らず腰以外の筋肉が硬くなってしまうのです。



柔らかすぎるマットレスもよくありません。

お尻が沈み、腰椎がまがり、じん帯が伸びるのと、沈んでいるため寝返りも打ちにくいことにもつながります。


 

 

柔らかすぎる枕もよくなく、頭が沈み混んで寝返りをうちづらくしてしまうためです。

横向きに寝てちょうどよいのがよく、仰向けに寝る前提で寝具を選ばないことといわれています。



但し

寝返りにより様々な形で寝るため、寝具とのバランスもあり、試してみないとわからないのが難点ですが、

男女限らずマニフレックス社のバイオシェイプまくらレディースタイプがおすすめです。

 

特に柔らかい寝具の場合は低いタイプがベストだと考えるのと、

枕に限っては下にタオルなどを敷くことにより”低”が”高”を兼ねることができます。

 

 

 

本コンテンツは他睡眠について書いていますが、

半うつぶせ寝(斜め横向け寝)が今後注目され、研究され、

弊社がそれにあわせた寝具開発の促進にかかわり、

世界で睡眠・健康革命を起こすことができればと考えます。

※アイジャパンは創業時に健康器具の開発事業等を定款に加えています。

 

 

 

 

なにより

やわらかい体をつくることが大事で、よる寝る前に行なうストレッチで改善します。

脱力状態で深呼吸を行なうことです。

 

 

 

 

原因は肩こりにもあったように足にある場合もあり、

足の指を内側に曲げることで改善できることがあります。


腰痛の人は歩き方に問題があり、歩く時に浮き指が多く、積み重なって腰にくるのです。


裸足になる機会を増やすことにより、地に足をつけることで、

自ずと指で支えるようになり腰や膝まで改善するケースまで報告されています。



スペインには「足指を動かす事は健康の源である」という言葉があるそうで、指を広げる運動で腰痛が改善する例もあります。




脳の錯覚が原因ともいわれ

腰みがきや

拮抗筋ストレッチや、

骨ストレッチ

前かがみか反るか左右の3つのどれかが楽になる方でのタイプ別体操、

四股立ちなどで改善する場合があるなど

体全体を見ないと適切な処置ができません。

 

 

 

椎間板という骨と骨の間のクッションの役割を果たす軟骨があり、その中心部には髄核というゼラチン状のものがあり、ずれているのです。

椎間板はレントゲンには映りにくいため原因不明といわれることが多いようです。

 

 

変形したヘルニア

手術をしないと治らないと思っている人が多いのですが、

実は9割は自然に消失します。

 

 

 

病気の予兆として現れる場合もあり、

50代以上の人が今までにない痛みを感じたら内臓疾患の可能性があります。

 

 

 

最新医学の世界では

慢性病は脳が原因のことが多く不安がさらに悪循環をつくっていると言われています。

映像を見て正しい知識が増え、背中をそらすだけで不安や恐怖を減らし痛みの回路がなくなるケースも報告されています。

 

 

 

 

キーワードは

「脳のリハビリ」であり

身体を動かすことがクスリあり、

最先端は心理療法であり「認知行動療法」です。

国内では保険が適用されずまだまだ限られているのが現状だといいます。

 

ペットを飼うことでよく動くようになり改善されたケースもあります。

子猫

 

 

最先端治療のプログラムを開発した米国大学教授によると、

大切なことは患者自信の力を信じること」です。

医師はその手助けをすれば良い」と。

 

 

 

 

 


座りすぎが病をまねく

オーストラリアでの研究によると、

どんなに理想的な運動をしても、他の時間は長時間座り続けることで、台無し?になってしまうほどよくないことがわかっています。

 

1日4時間未満の人たちと比べて11時間以上だった人たちは死亡するリスクが40%も高まっていました。

 

 

 

NASAによると

無重力と同じような体の老化現象を起こすことがわかっています。

耳石があまり動かないことで、衰えて免疫力低下するといわれています。

 

耳石は姿勢を保つだけでなく、

免疫、代謝、筋肉、骨などいろんなところとつながり影響しているのです。

 

内臓や血管をコントロールする自律神経とも深くかかわっていていろんな影響を及ぼし、血圧上昇や不眠など全身に悪影響を及ぼします。

 




デスクワークだと

どうすることもできないため、スウェーデンで医療用として開発された電動で高さを変えられるデスクがあり、企業の7割で採用されているようです。

会議室には特に良いかもしれません。

 


スタンディングデスク等の可動式のものがあります。

現在岡村製作所さんのSwift(スイフト)が昇降デスクとして販売されており人気があります。

まだまだ高価なため、低価格のものを開発しもっと普及することが望ましいと考えます。

 

 

NASAによると

1日に32回立つ人が病気になりにくいことがわかりました。

睡眠時間を除いて30分おきにただ立ち上がってまた座る方が歩くより効果があるようです。

 

 

 

 

 

知り合いの中にも

保険適用になり1回数百円程度で済み楽になるとして、

毎週◯◯◯に通い依存している話しも聞きますが、社会保障費増大の一因でもあり、

結局は国民負担であるわけで、一人ひとりが最新の正しい知識をもつことです。

 

 

 


本コンテンツはメニューの「選ばれる理由」内にあります。