スマート生活の健康情報(プレ公開) ダイエット・メンタル編

 

【ダイエット】

一言で食事のとり方です。

ゆっくり時間をかけ優雅な食事をすることで、

運動した際に筋肉がつきやすくなることがわかてきました。

 

 

 

 

成長ホルモン

肝臓から分泌されるIGF-1というホルモンがあります。

 

成長ホルモンの一種で、効果的に筋肉をつける効果があります。

いくら運動をしてもIGF-1をうまく出せないため筋肉がつかないといいます。

 

IGF-1を多く出す栄養素はアルギニン

たんぱく質の中に多く含まれるアミノ酸の一種で、腸で吸収されると、

脳を刺激し分泌されるのです。

 

動物性たんぱく質や植物性たんぱく質に多く含まれてて、

卵、豆腐、のり、ごま、かつお節を食事に足すだけで効果があります。

 

 

 

 

栄養バランス

カロリーのことだけを考えがちですが、大事なのは栄養のバランスでつけあわせやトッピングが大事です。

太らないためにはいろんな栄養素を取った方が良いのです。

 

 

 

極端な話

白いご飯だけ食べるなら、具の入ったチャーハン

※油がコーティングし血糖値上昇も抑えます。

具のないおにぎりより、のりがまかれ具の入ったおにぎりの方が良かったりします。

 

 

 

カロリーの消費を促進するビタミンやミネラル、

吸収スピードをコントロールする食物繊維などの栄養素が足りないと、

カロリーが低い食品でも燃焼されにくく太りやすいことがあるわけです。

健康

 

 

ベジタブルファースト

食前に加糖されてない野菜ジュースや豆乳を飲んだり、

食べる順番が重要です。

※水と異なりゴクゴク飲まずに口に含むんで飲むことです。

 

同じものを食べても血糖値の上昇(血糖値スパイク)が大きくかわります。

野菜の次は肉や魚で、スープ、ご飯で、最期にフルーツです。

 

 


ゆっくり=噛む回数増

噛む回数を適度に増やすだけでも効果があります。

多くの人と楽しみながら優雅に上品に食事をすることが望ましいということです。

 

食べるのが早いと血糖値を上げてしまいます。

 

ゆっくり食べるだけで血糖値の上昇を抑えてくれます。

よく噛むと唾液がでて、胃や腸の負担が減ってお通じがよくなり、

食欲も抑えら、女性にうれしい小顔効果も期待できます。

 

 

 

 

 

食事回数

様々な見解がありますが、最新情報は3食がよく、

2回、1回と減るごとに血糖値スパイク(上昇)してしまいます。

 

1食だけだと腸が休みすぎてしまい、一度にフル回転してしまう一方で、

3食だと朝食はウォーミングアップの役割があります。

 

 

脳は全体の体重の2%しかありませんが、全体のエネルギーの4分の1を使います。

3食とってバランスのよい血糖値を保つことが大事です。

 

 

 

 

時間帯

時間栄養学というものがあり、食べる時間も大事です。

 

夜働くBmal1というものがあり、

栄養を脂肪に変えるタンパク質で、

脂肪を合成して体に蓄える働きがあります。

 

 

昼より夜は30倍増えるので夜食べると太りやすくなる一方で、

日中は働かなくなるため、食べても太りにくいといいます。

 

 

10時から15時の間は太りにくいため、

甘いものを食べるなら日中が良いのです。

 

これは昼間使い切らなかった余ったエネルギーを貯金し万が一に備えるためのシステムです。

 

 

 

 

ぽっこりお腹には

腹筋ではあまり効果がないことがわかっています。

ドローインや気功などで呼吸法の改善効果があります。

ぽっこりお腹は腸がむくんで垂れ下がっているためでもあります。

 

 

 

 

すきま時間に

数分でもいっぱい吸ってゆっくり吐く、できればヒップを締めて指をお腹にあてて

押し込む動作をすると効果的です。

 

 

 

 

足が太いことで悩んでいる人は

足の浮き指が多く、重心が不安定になりスネや太ももに余計な筋肉がついて脂肪もつきやすいのです。

 

 

サイズのあった靴や正しい歩き方をすることですが、足を内側に下を向くようにアーチ状にテーピングすることで改善します。

 

 

 

などなどあったらいい知識はたくさんあります。

すべて関連性があり、正しい最新の知識をもって食生活習慣を見直すことの重要性がわかると思います。

 

 

最新科学が明かすメンタルとは

心の持ちようです。

病は気から」が科学的に解明されようとしています。

 

 

世界的に長寿になる人を研究した結果、老化を防ぐにはが大事だ

ということを最新科学がつきとめました。

足るを知り、快楽型ではない生きがい型の満足感です。

 

 

急勾配や階段などアップダウンの負荷のかかる運動

食事による腸内細菌の他に

慢性炎症というものが長寿に関係していることがわかってきたのです。

 

 

人が生活の中で感じる満足感といった精神的な感覚が、

体の中の炎症反応と関わりがあるということが見えてきたのです。

 

 

満足感と炎症との関わりを示す遺伝子が見つかり、

何らかのストレスを受けた時に働きを強めます。

逆に満足感を得ると、その働きが弱まります。

 

 

遺伝子の働きが緩やかになった時、慢性炎症が抑えられるという相関関係が明らかになり、

満足感の種類によっては全く違う働きをすることも分かってきました。

 

満足感を得ているにも関わらず、むしろ慢性炎症が進んでしまうケースがあったのです。

 

 

行動一つで炎症がすすむわけではありませんが、

食欲、消費欲、性欲、娯楽などの快楽型と呼ばれ自分の欲求を満たすことで滿足しがちな人は炎症が進む

 

一方で

炎症を抑えていたのは、人や社会に貢献して満足を感じやすい生きがい型と呼ばれる満足感です。

 

 

満足感の違いに遺伝子はとても敏感であることが明らかになりました。

人類は社会的な集団生活を行い、生き延びてきました。

 

 

つまり

人間の脳や神経は社会とつながり、お互いに助け合うよう生物学的にプログラムされていると考えられると専門家は指摘しています。

 

 

 

 

 

 

【補足】

大事なことなのであえてお伝えします。

 

医療機関などは特殊とはいえ当然のこと商売の要素も多分にあることを忘れてはいけません。

患者(お客様)がいないとなりたちません・・・

 

 

 

 

業界人は

実績と権威がありゆらぐことはありませんが、公に言えないこともたくさんあります。

業界人が本コンテンツのような情報サイトの運用サービスを提供するには限界があるように思います。

 

ゆえにどの分野でもよくあることですが、

(はじまりは)ある種怖いもの知らずの素人による破壊的創造による改革・先導が必要です。

 

 

 

 

 

ちなみに著者は

肩こり、腰痛、冷え性とは無縁であり、

クスリや栄養ドリンク、サプリとも無縁です。

 

 

 

サッカーの長友選手ではないですが、

長年医療(医学)・健康に関する勉強をし続けて新しい知見を得ています。

 

 

 

20代前半から

日経新聞の朝・夕刊を購読し、

医療・健康分野の記事に目を通す中で興味・関心が高まり、

25歳の時に大切な人を病気で失ったことも影響しているのかもしれませんが、

長年テレビや書籍を通して広く浅く学んできました。

 

 

 

その甲斐あってか

社会人になって20年ほど多少体調を崩すことはあっても寝込んで休むようなことがありません。

まめな手洗いで風邪の多くは防げると考えています。

 

 

 

健康的な人ほど

体力自慢し、ある日突然病に倒れることが多いのが世の常ですが、

当然自分は特別ではなくいつかは大きな病気をすると考えています。

 

 

 

 

他のコンテンツでは自立神経呼吸の関係や睡眠筋力のことなど有益な情報をまとめていて、

健康分野をふかんしてみることができると思います。

 

 

 

本コンテンツはメニューの「選ばれる理由」内にあります。