スマート生活の健康情報(プレ公開) 食材・食事編

 

【食に関して】

食に関していうと、食前に豆乳を飲んだり、同じ食事でも食べあわせや食べる順番により血糖値上昇をおさえ太りにくくなる(体の負荷が減る)場合があります。

 

最初は野菜で最後に肉類で、果物は食後がベストです。

※自ら被験者となってフルーツは食前がいいとしている専門家もいるため今後常識が覆されるかもしれません。

少ない食糧

 

 

季節の食材は体に優しく、

冬や寒い地方で採れるものは体を温め

夏や温かい地方で採れるものは体を冷やことや、

 

同じ食材でも体温を上げる生姜のように加熱するしないで効果がかわることや、

トマトを例にすると完熟で採れたものかなどでも効用が変わってきます。



 

生姜は天日干しなど乾燥した蒸ショウガががよいとされます。

カラフル野菜が増えていますが、見た目だけでなく様々な色のものをとるようにするといいです。

 

 

先ほども記載したようにはファイトケミカルといって第7の栄養素と言われ、

抗酸化作用や、抗炎症、がん細胞の増殖を抑えることが最近わかっています。

栽培地ではきんかんを皮まるごと食べ、皮が甘いといいますが、インフルエンザに有効といわれています。

 

 

 

捨てていたものを大事に食べることで健康に良いことがわかれば、

調理方法も研究され、日本の「もったいない」文化がさらに進化し、

世界に根付くきっかけになるかもしれません。

 

 

 

 

 

【発酵のチカラ】

健康食といわれる和食に含まれる発酵パワーが注目されています。

 

日本酒、パン、酢も発酵食品です。

納豆、カツオ、味噌、醤油

青カビのブルーチーズは抗生物質までつくってくれます。

かぼちゃでつくった黄色い砂糖などがあるようですが、注目にあたいします。

 

 

発酵がもつチカラは

保存ができる上、滋養成分が高まり、生きた命(菌)を取り入れ免疫力を高めます。

発酵麹菌は毒を消してしまいます。



納豆は美肌、血栓を溶かし、栄養の吸収をよくし

味噌汁は丈夫な胃、免疫力を高める、

酢のものは、疲労回復、中性脂肪対策、

酒粕漬けの焼き魚は肝臓強化や美肌など

米麹の中にはすごい美白剤が入っています。






【年代による変化】

年代によっても変わりますが、特に20代後半※からはご飯などの炭水化物の量は控えめにしつつもしっかリとり、様々な色と種類の食材を取り入れることです。

 

 

厄年には

意味があり健康に気をつけないといけない年ともいわれています。

 


東洋医学では

女性は7の倍数、男性は8の倍数で体の変化が訪れるといい、最新医学では7年たつと身体を構成する分子がすべて入れ替わるといわれています。

 

 

 



【好例】

例えば

ヨーグルトは体にいいといっていつも同じ種類のものを食べる人がいます。

栄養を吸収する小腸にはたらくのが乳酸菌で、水分やミネラルを吸収する大腸にはたらくのがビフィズス菌です。

 

動物由来のものや最近では植物由来のものも増えてきましたが、偏りがあってはいけません。

 

 

 

様々な種類のヨーグルトを1週間毎に取り入れ

体質にあうもの選びながらも多くの種類を交互に食すことです。

2週間から1ヶ月ごとに変えるべきという専門家もおります。

同じ菌ばかりになり良い菌の活動が鈍るといいます。

 

 

R-1乳酸菌が免疫力を高めることで注目されています。

腸だけでなく細菌やウィルスに関係する口腔の免疫力も高めることがわかってきています。

 

 

植物性乳酸菌も取り入れ、砂糖などが入った甘いヨーグルトは避け、

そのままでもよいのですが、果物と一緒かUMFのマヌカハニーなどのはちみつは良いと思います。

 

サッカーの長友選手も健康オタクといってマヌカハニーをおすすめしていましたが知る人ぞしるものです。

 

 

更に

体に良い善玉菌で腸内環境を整えようと、菌のエサになる食物繊維をとらないと意味がありません。

食後に摂るのがキホンです。

食事

 

 

 

【カラダに良いといっても・・・】

ビタミンCが体にいいといって摂り過ぎると骨粗しょう症になりやすいなどとりすぎはよくなく、健康とはバランスと、休みなどの引き算の考え方が重要です。

チーズは塩分が多く、とり過ぎには注意です。

 

ビタミンCがいい例ですが、大量に摂取するのはよくないので自然なもので取り入れることです。

※医者による処方は別です。

 

 

 

本コンテンツはメニューの「選ばれる理由」内にあります。