アイジャパンのサービスを他に例えるなら

世の中にあるようでない事業のため例えば・・・

万人がイメージできる睡眠を例にします。

 

 

 

夜ぐっすり眠れない、子どもが寝つかない

というの悩みを持つ方向けの解決策をアイ・ジャパンがご提示すると・・・

※医療行為は除きます

 

 

 

そもそも(人生の3分の1から4分の1を占める)睡眠には

音楽の休止符のようにきわめて重要な意味があります。

 

睡眠とトイレの時間は健康のバロメーターです。

 

東洋医学から最新科学(最新理論)に至るまで学び、

物理的な就寝環境改善を含めて見直しが必要です。



次のことはよく言われていることですが・・・

・就寝1時間前のTV視聴やスマホ利用制限

・就寝前のコップ1杯の水と食事制限(3時間前には食を断つ)

・色や明るさを変えられるLED照明にし就寝前は暗めの暖色系へ

アイジャパンはその上をいきます。





1.時間改善

早起き早寝に昼寝を加える

 ※米国ではGoogleやNIKEが推奨し、台湾では学校で取り入れています。

は睡眠時間を30分以上増やす

 

・運動や勉強は極力に行う

子どもは社会の宝

 

 


2.人体環境改善(カギ)

・市販薬、サプリメント、栄養ドリンク、糖分過多のジュース

 (一つの成分の大量摂取)は避ける一方で

 様々な色の食材(白色は少なく)と季節の食材

 (冬と寒い地方のものは身体を温める)と高くても果物を(皮ごと)食すこと。

 良質の油(時間が経ち使いまわすと酸化)と

 良質な水(天然の微炭酸水は良く、純水はNG)をとり、

 化学調味料・添加物(化学塩・白砂糖)は安いことは良いが極力避ける(減らす)。

 

・日中は身体を動かし(怠けない)、歩行や階段を無料で最高のスポーツジムと考え過ごす

 ※激しいトレーニングがブームですが、酸素の吸いすぎと関節(軟骨)などは消耗するため要注意




3.就寝環境改善

・就寝時は半うつ伏せ寝(布団を大きいサイズにし抱き枕のように・・・

 ※寝返りしやすいように軽い羽毛布団だけにする


・自然と朝陽が入るようレースのカーテンへ(目覚まし音は小さく)


・室温は冷暖房で適温にコントロール(男女差1℃程度)し、一定の温度を保つ

 (睡眠時に身体は体温を低下させるために足裏から放熱。冷え性の方は足ではなく腹部を温める・・・)



プラスαで究極は呼吸をゆっくり吐いて吸いながら楽しいことだけをイメージすること。




《夏場》

マンションや戸建ての2F

天井裏や壁の温度が高く、

蓄熱された熱を放出し続け

夜も涼しくならないという

前提での対策が必要です。



・エアコンは27.5℃前後(冬場は20℃以下)でつけたままにする

 ※汗をかくと自律神経が優勢となり深い睡眠が得られない



・除湿50%程度が望ましく湿度コントロールの優れたエアコンへ

 (寒くならない再熱除湿で体感温度を適温へ

 ※東京の年間平均湿度70%

 

 

・ホテルのように夏場でも羽毛布団で

 シルクの掛け布団カバーや枕を使用

 ポイントは抱きまくらのように使用し腹部を冷やさない。

 (安価で丸洗い可のシルク製品有)


 

・夏場でも長ズボンで腹部と下半身は冷やさない。冬場は腹巻きが有効。