【2022年】エコキュートのメーカーシェア最新情報

 

 

◇【2022年】エコキュートの買い替えおすすめメーカー比較・価格情報

からコンテンツを分割しました。


 

■エコキュートのメーカーシェアを教えてください



【2016年度、2018年度、2019年度】

月刊SmartHous誌の別冊、高効率給湯機専門誌QTOPIA(キュートピア)によると2016年度と2018年度、2019年度(推計)は

 

三菱電機さん26%→27%→30%、

パナソニックさん27%→24%→23%、

 

コロナさん14%→14%→14%、

日立さん12%→13%→12%、

ダイキン工業さん12%→13%→12%、

 

長府製作所さん、東芝キャリアさん、その他になっています。

 

 

本誌の情報ではありませんが、

パナソニックさんはパナホームさんなど新築に強く、コロナさんもマンション含めた新築に強い中、交換では三菱さん、日立さん、ダイキンさんが3強ではないかと推定されます。

 


【2022年度予想】

エコキュートの交換市場のデータはどこにも存在しませんが、弊社が集めた情報では三菱さん、ダイキンさん、日立さんは3強です。

マンションはコロナさん1強
です。
※新築はパナソニックさん、コロナさんが2強

 

 

 

【エコキュートとエアコンで競合する5大メーカー】

おすすめの4メーカーで首都圏で筆者の限られた情報と主観に基づいており、絶対的な情報ではありません。

 

 

◇パナソニックさん

力をいれるところと手を抜くところを心得、非常にうまい商売をされている印象。
商品や見せ方だけでなく、販売先も含めてのことです。

時折、納期や製品で失点はあっても、あたま一つ抜けた強力なブランド力(=信頼)で無にする力があるのはすごいと感じています。


エアコンと異なりエコキュートの価格は強気ですが、一部の限られたお得意様と工務店関係には他社にはない商品群でセット価格で調整しており台数を出しています。



価格設定次第でもっとエコキュートのシェアを伸ばせると思いますが、他で攻める分、この分野では守りに入っているところが課題でしょうか?




◇ダイキンさん

エアコンに関しては絶対の自信があり強気です。
エアコン、エコキュートと取扱商品が限られる専業メーカーだけにアフターにも効率よく対応できています。
夏はエアコン、冬はエコキュートというように。

高収益でさらなる投資をし、好循環をつくりだしている印象。
価格以外という前置きですが、良い意味で日本企業らしくない柔軟性があります。


とにかく他のメーカーより柔軟に動いてくれるという良いうわさはたえません。
業務用でも選ばれる理由はここでしょう。

エアコンの室外機をベースにしているエコキュートの認知はここ数年で一気に向上していますが、エアコンの認知度が際立ちすぎて、エコキュートが下にみられていることは課題でしょうか。


余談ですがアジア市場では勢いのある韓国メーカーをけちらすほどの強さを誇り、中国では皆、良い意味で、自国メーカーだと思っている人が多いようです。




◇三菱電機さん

手堅いメーカーでエアコン、エコキュートともに固い地位を確立しています。
現在はパナソニックさんに変わりトップシェアを維持していると思われます。

CM広告にもっとも積極的で認知度が高く選ばれています。
実は工事を容易にすることにも配慮した設計をしそこでの評価を上げていることも強みです。


三菱ブランドは撤退せず、売却せず責任ある対応で日本の消費者がもとめる安定感はダントツです。
長く
使う住宅設備に関しての信頼、安心感は1番ではないでしょうか。



消費者にとって好き嫌いがはっきり出やすいメーカーです。

関西のメーカーとは異なり関東のメーカーらしく手堅いをこえて
よくない意味で固い印象があり柔軟性に欠ける点が唯一の課題でしょうか。





◇日立さん

水圧で特徴を出していますが、現在はよくもわるくも評判が安定しています。
ここ数年は攻めにでていませんが、よくいえば安定しているといえます。

エコキュートに関しては比較的後発メーカーということもありますが、部品の在庫を真面目にもっともおさえているとしか思えないほど(1、2年以上前までは)良い意味で交換(買い替え)案件が少ない印象です。

過去の日立製品には2つの日立がありHITACHIハウステックと日立アプライアンスです。


ここ3,4年は販売数を増やそうと価格設定にも柔軟に応じています。
課題はトップも認識しているデザインでしょうか。

 

 

 

◇コロナさん

業界さきがけのリーディングカンパニーで老舗です。

マンションでは1強ですが、新築設置でもパナソニックとの2強といえます。
納期がもっとも安定しているメーカーです。

メーカーシェアでも3位で、新潟製造と大手電機メーカーと伍している一流メーカーです。
トップクラスの省エネ性能など実績、歴史ともに老舗です。


なお、他メーカーを取り扱っている業者で、メーカーが遅延してコロナさんに発注するときは、新築の強いパナソニックさん同様厳しく、明確に差別化を図るメーカーさんです。

ゆえに長い取引をしていないと納期が大幅に遅れることがあります。
取扱い販売店が多くはない一方で、お得意さんには優遇しています。

 

 

 

【お問い合わせ】

ネット上での露出により関東・首都圏でエコキュートといえばアイジャパン
交換工事といえばアイジャパン」が定着しつつあるようでありがたいことです。

 

平日10時30分−17時30分 土日祝日も受付しております。
TEL:03-4360-5117
WEBでのお問い合わせはこちらまで。

 

 

◇【2022年】エコキュートの買い替えおすすめメーカー比較・価格情報

 

アイジャパンの大分類の目次