【2022年】エコキュート交換業者ごとに工事までの流れや早さは異なるか

 

■業者によって工事までの流れや早さは異なるのですか?

 

 

全く異なります。

 

 

アイ・ジャパンを例にご説明しますが他社が真似できない仕組みのため迅速です。

通常期はお問い合わせ頂いた翌日、翌々日工事は普通にあります。
営業時間外と遅くにご決断、ご連絡をいただき、翌日工事をさせて頂いたケースも・・・


しかも売れ残りのような機種ではなく、選択肢をご提供したり、お客様が求めるメーカー機種です。
 

他社様だとメーカー納期の関係で2,3週間かかるといわれて諦めかけたお客様が、弊社にお問い合わせ頂き、翌日から2,3日後に工事をさせて頂いたことは何度もあります。

修理より早い場合が少なくありません。



工事が早い(できる)理由は複数(社外秘)ありますが、2022年現在は長期間にわたり納期が遅延し、商品の欠品が増えており、弊社でも困難になりつつあります。



重要なことを一つだけご説明いたします。
2‐3年以上前まではほぼ全件現地調査をしておりましたが、経験とノウハウを蓄積し、徐々に調査件数を減らし、今に至っております。


今でも5%ほどは調査が必要ですが、それでもご決断後に工事をスムーズに行うための調査で、見積りをはじくために調査は稀です。


他社様より先行し、利益の考え方、工事と一体で責任者が判断し、お困りのお客様に喜んでいただくために実現している仕組みで、価格競争力をもってのことで、簡単にマネはできません。


※職人さんに極度の負担をかけないこととお客様や近隣トラブルを防ぐためコスト削減を主目的とした1日に2件工事を行うことはありません。



工事当日にお伺いし、予想以上に搬出、搬入が困難な場合、首都圏であれば1時間半、関東全域では2時間以内に緊急出動する仕組みがあり、これはアイジャパンだけだと思います。


コロナ禍で電話受付時間10時30分から17時30分と時短となりましたが、メールでのご対応は365日、他社様より早く遅くまでご対応していることも付け加えておきます。

 

 

 

【注意点】
ネット上では当日施工などの記載も増えてきておりますが、とにかくクリック(集客)させようとしているのでご注意ください。
※100件に1件は当日施工できる場合はあるかもしれませんが・・・

※アイジャパンの協力店でエリア限定で仮給湯を行っているケースはあります。

アイジャパン広告2

 

以下は緊急以外の通常の流れです。

電話・メールによるヒアリング後にお見積り価格決定

→特殊工事を除きますが、要はお金と人手の問題です。
 追加分はアイ・ジャパンで吸収し、工事当日でもいざとなれば前述のとおり搬入・搬出要員を増やせるのがアイ・ジャパンの強みです。


基本はメールでご提示します。
別会社の施工会社の者が販売会社の名刺やジャンバーを着て”見せかける”のではなく本当にアイ・ジャパンが直接訪問させていただく場合もあります。


最短納期で工事、メーカー納期を調整


極端な搬出、搬入難と判断した場合、土日祝日および夜含め(ご不在時でも)迅速な下見調査
見積価格算出のための調査というよりは工事をスムーズにできるようにするためです。
※状況に応じて判断し省く場合もあります。


一般的にはエコキュートは工事会社の倉庫入り工事当日にエコキュートを運び込みます。
工事当日の午前中納品の場合もありますが、荷受人は弊社です。


※お客様からよく聞かれるのですが、一部の他社様と異なり工事前にお客様先納品でお客様のご負担を増やすことはしません。
 配送業者の負担もあり事故・トラブルなどが発生するためです。


※工事の際は電話一本や簡単な案内ではなく、メールで工事の流れなど具体的にご説明しており、
アイジャパンと類似する会社はないと思います。
注意点、お願いなど・・・
アイジャパンのお客様はそれが当たり前だと思っているかもしれませんが・・・
 

 

「お問い合わせ」はこちら

「エコキュート関連の目次」はこちら

 

 

◇【2022年】エコキュートの買い替えおすすめメーカー比較・価格情報