愛(AI)とは

 

AIJAPAN愛

 

とは

他(た)を思いやるあたたかい心と定義しています。

 





【前提には】

忠恕(ちゅうじょ 己に誠実)であり無私であることです。

 

角度を変えればともいい、慈愛でもあります。

 

 

 

 

【はじまり】

あいうえおの50音のうち、1番、2番目でしかも基本の音であるように、

は始まりであり、根本です。

 

 

 

 

【究極】

究極的には

宇宙の根本理念(原理)です。

永久であり、唯一反語がありません。

 

 

ここでいうは女の子につける名前でも、

恋愛といった感情でも、自己愛、家族愛といった狭いものでもなく、

もっとも根本的で普遍的なものです。

 

 

 

 

【無私】

もっとも高尚なものが無私の愛で、与えるのことです。

無私、無我は「無限の私という意味で境目がないもの」であります。

 

自分を無くすことではなく、人(他)のことしか考えないことで、

カ○ト的などんな命令にも従うようなイメージのものとは全く異なります

 

対象が隣人、地域社会、国、世界、自然、地球・・・と拡大していくことで(グレード)が上がります。

 

※子を持つ親を例にすると他人の子供、世界中の子供を我が子のことのように思える

 困っている子供を憂い、何かできることを実践する人へと・・・


※筆者は努めてはいますが襟を正す側です

 

 

自分、家族、会社、東京、日本、今の世代、人間さえ・・・良ければ

というものとは真逆ということです。

 

 

天の才を発揮した芸術・発明家に限らず、偉人とよばれるような人格者となればなるほど、

(少数派のため)周囲から変人、キチガイ扱いされることが多いのが世の常です。

歴史をみれば明らかで後世になって評価される人もいます。


 

 

 

【経営の神様】

パナソニック創業者、松下幸之助氏のいう無私についてはこちらのコンテンツの下段にあります。



 

 

【海賊と呼ばれた男】

海賊と呼ばれた男のモデルで出光興産の創業者、出光佐三氏は

愛他の心と行動」という表現を使用されています。

 

 

 

 

【注意】

没我的な自己陶酔型の与える親切心は押し付けになる自己拡大の場合があります。

みせかけの表面的かつ偽善的なものと区別する必要があります。

 

 

 

 

【野球の天才】

いい大人がという言葉を使うと笑われてしまう傾向がありますが、

イチローさんが引退時の報道陣のインタビューに答えた言葉をご紹介します。

 

イチロー選手が貫いたもの、貫けたものは?

「野球のことをしたことだと思います。これは変わることはなかったですね。

おかしなこと言ってます?僕。大丈夫?(笑)」

 

日本中の誰もがリスペクトする本物が語る言葉は重く、とは人生そのものだということです。

AIJAPANロゴ

【補足】

誤解を与えやすいために補足します。

は○教といった特定の人が特定のものを信じるものではなく、否定するものでもなく

こられをこえるもっと普遍的なものです。

 

 

宇宙全体()の一部として

自己は全体()であり、全体()は自己であり、境目がないという考えです。

 

よって世界中の○教も一部であり、血縁や人種や国での区別・差別はおこりえないものです。

 

 

大宇宙や大自然(大地)であり、内なる目には見えない心のことであります。


何か遠くに求めるものでも、豪華絢爛(けんらん)な建造物が必要なものでも、

組織化(上下の階層)したり、宣伝や勧誘する必要もないものです。

 

 

従来の地球表面の平面的な視点では限界があり、

科学が飛躍的に発展しAIが世界を変えようとする中、

宇宙からの視点をもち宇宙感覚が求められる21世紀にふさわしいものが無私の愛です。

※無私=無我、滅私、無償、無条件、博愛・・・

 

 

21世紀の視点300

 

 

点の地球と月

 ※小さな点にすぎない地球と月

 

 

 

 

【専門的】

無私の重要性を述べていますが、

専門的に言えば境目がなくなるものが無分別智的な考えで、

現代社会においての主流は分けることで細分化する分別です。



分別は都会と田舎、職業や学校で上、下を決めたり、文系、理系と分けることで、偏重(偏見)する思考になってしまっています。



国境はわかりやすい例ですが、昔は日本でも多くの国があり国同士で戦をしたように、境目が薄れた県になって戦がなくなりました。


 



【知る人ぞ知る】

日本の思想で有名な丸山眞男氏がタコツボ化した社会を危惧しましたが、

世の中に分断がおきて弊害が顕著になっています。

 

丸山氏は庶民との交流を重視していました。

筆者の(昔の)北海道の自宅には後に学長(総長)になった北海道大学の教授が遊びにきて一般人と交わっていましたが、交わらない人は分別的な思考です。

 

○○出身、○○国出身者というだけで差別(きらいという感情)する考え方は分別的で、多くの人がやりがちです。

 

 

 

 

【こころ】

世の中には環境問題、核兵器問題など数多くの課題がありますが、結局は人の心の問題です。

星の王子さまではないですが、もっとも大事なことは木の根のように目には見えないものです。

 

核戦争などはイメージしやすく、リーダーの誤った判断で人類が自滅することもありえるわけです。

 

松下幸之助氏が指摘した心の復興なくして未来はないということです。

 

 

 

 

【あやしい】

心というと○教と決めつける考え方も危険です。

○教王国のアメリカがGHQにより日本人のメンタルの強さの源泉となる

教育にメスをいれた結果あやしい”と考える思考にまんまとひっかかり、

自信と誇りを失わせることに成功した事例があります。

※本当にあやしいものは存在しますが・・・

 

世界を牽引するハーバート大やスタンフォード大が教会からできていることを知らないのです。

 

 

 

 

【アメリカ文明】

日本は人種のるつぼであるアメリカからは

民主主義と科学(的思考)、称賛(祝福)、映画・音楽と

ユーモア(ウィット)という最高の文化を学んでおり、プラス面も多々ありますので、

誤解のないよう付け加えておきます。

 

 

 

 

【日本の役割】

日本は文化のるつぼで、良いものはとりいれ発展させる力があります。

○教には興味がない一方で、自然を畏れ敬い、お天道様がみているという道徳観を持ち、

調和・秩序ある平和な社会を築いている日本が無私の愛に根ざした21世紀のリーダーとして

世界を牽引しないと人類の未来はないということです。

 

 

 

 

【リーダーの役割】

本当の危機がないために権威と学歴が幅をきかせ、

くさいものには蓋をし責任は未来世代に転換し、理想論を語るだけでも成立した時代は終わりました。


21世紀は世のため人のため()に腹を括り覚悟を決めた(実践で鍛え上げられた)起業家、実業家らが指導者となり教育者となる時代です。


 


世襲を中心とし競争力がなく閉鎖的な政治分野でも大変革が起きるに違いありません。

世の中が一歩も前へ進めなくなり、風穴を開ける真のリーダーが導き、子供がかっこいいと憧れるの職業となり、次世代のリーダーが次々と現れることでしょう。

 

 

真のリーダーとは元東大総長の言葉を借りれば「本質を捉える他者を感じる力、先頭に立つ勇気」を持つ人でしょう。

 

※無分別智とアメリカのことに関する一部については知識を得た講師から”実践してよ”という前置きの上で許可を得て記載しています。

 

 


※The Rose