愛(AI あい)とは何か

 

AIJAPAN愛

 

は何か




は意味を調べるまでもなく、

疑問の余地がない当たり前に使用する言葉です。

 

そういう意味でについて考えることは

哲学的な問いといえますがアイジャパンでは

 

 

他(た)を思いやるあたたかい心と定義しています。

 


アイジャパンAIJAPANロゴ





【前提には】

忠恕(ちゅうじょ 己に誠実)であり無私(己をれること)であることです。

無条件の愛unconditional love)と置き換えてもよく、条件などは一切ないものです。

 

角度を変えればともいい、慈愛でもあります。

※日本の象徴である天〇の〇位継承の男子には、女子にはをつけるには意味があります。

 

 

 

【はじまり】

あいうえおの50音のうち、先頭の1、2番目で

しかも基本(根本)の音で、母なる音色(母音)であるように、

は始まりであり、根本です。

唯一反語がありません。

 

 

 

 

【究極】

究極的には

(love)は宇宙の根本理念(原理・energy)です。

永久でありこの世のすべて(永久無限の存在、ワンネスoneness)です。

 

宇宙からの月と太陽

 

 

ここでいう恋愛といった感情でも、

自己愛、家族愛といった狭いものでもなく、

もっとも根本的普遍的パワフルなものです。


※マイナス用語は愛が欠けたものです。

 

 

 

 

【そもそも】

なぜ一民間企業のアイジャパンが言語・哲学者、〇教家でもないのに、

愛について恥ずかしげもなく解説しているのか?

AIJAPAN愛日本

それはアイジャパン(愛日本)の社名の由来でもあり、

社会課題を根本的に解決する世界初の情報企業として

言葉の定義が重要と考えており、真実を追求し、

よりよい社会実現に貢献するためです。

 

 

世界中探してもについてここまで詳しく解説しているサイトは

ウィキペディア(Wikipedia)以外ないと思いますが、

おかげさまで「」でGoogle検索すると5位にまで上昇しています。

約12億3千件の中で5番目(順位は常に変動)というのは光栄です。


 

※「情報とは」「めずらしさであり、意外性であり、パワー」と定義しています。

※「言葉とは」でGoogle検索すると2021年5月現在2位です。

 

 

 

 

【無私】

もっとも高尚なもの、本当の愛が

無私の愛で、与えるのことです。

 

無私、無我は「無限の私という意味で境目がないもの」です。

無限の意識に気づくことともいえます。

 

※愛が欠けている状態が我利我利亡者(がりがりもうじゃ)

 

 

自分を無くすことではありません。

自分を忘れるほど、人(他)のことしか考えないことで、

カ○ト的などんな命令にも従うようなイメージのものとは全く異なります。

 

無我夢中エクスタシーecstasy)の状態です。

 

 

 

 

 

【実践者】

2019年にアフガニスタンで銃撃されて亡くなられた中村哲医師はまさに実践者です。

 

医師でありながら根本問題を解決するために農業復活のための用水路づくりに命を捧げたことをメディアで知りましたが、無私の愛を実践した真にカッコいい日本人リーダーの鏡です。

100年前は日本も貧しかったと周囲を励まし、上から目線ではない形で希望を与えました。

 

無我夢中で情熱を注いだ偉大なる人物と同じ国に生まれた者として、1mmでも近づきたいものです。

 

 

 

【人格】

対象が隣人、地域社会、国、世界、自然、地球・・・と拡大していくことで(グレード)が上がります。

 

※子を持つ親を例にすると他人の子供、世界中の子供を我が子のことのように思える

 困っている子供を憂い、何かできることを実践する人へと・・・


※筆者は努めてはいますが襟を正す側です

 

 

 

自分、家族、会社、東京、日本、今の世代、人間さえ・・・良ければ

というものとは真逆ということです。

※動物でも家族(親は子を)は大切にするように、家族は自分事、自己愛の範疇といってもいいすぎではありません。

 

 

 

【天才】

天の才を発揮した芸術・発明家に限らず、偉人とよばれるような人格者となればなるほど、

(少数派のため)周囲から変人、キチガイ扱いされることが多いのが世の常です。

歴史をみれば明らかで後世になって評価される人もいます。


中村医師もご家族からは家のことを差し置いてと時に批判されていたかも?しれません。

 

 

 

 

【経営の神様】

パナソニック創業者、松下幸之助氏のいう無私についてはこちらのコンテンツの下段にあります。


天の才を発揮された松下氏は小学校4年の途中で中退し、

1年休学しているため実質2年半しか通学せずとも世界ブランドを築き

経営に留まらず指導者として大成されただけに説得力があります。




 

【海賊と呼ばれた男】

海賊と呼ばれた男のモデルで出光興産の創業者、出光佐三氏は

現代の武士で硬派な印象ですが、「愛他の心と行動」という表現を使用されています。

 

利己主義を排し、愛他謙譲の美徳を養うことを述べていますが、

武士道を究めた精神性を根底にしているのだと思います。

愛aijapan

 

【他国の視点】

当初中国での新型コロナ感染で大変な中、様々な形でいち早く中国支援を始めた日本に注目が集まりました。

中国メディアがなぜ日本がこれほど積極的に支援してくれるのかについて分析した記事を掲載しました。

 

 

 

 

【無私の国?】

中国人筆者が以前あるアフリカ人が言っていた言葉を思い出し

「日本という国は無私の気持ちで援助のできる国で、

これに対して欧米先進国の支援には常に政治的な目的が絡んでいる」

と主張したそうですが、歴史を見ると一面は言い当てているように思われます。





【世界の宝】

日本人初の国連難民高等弁務官として、世界の紛争地に赴き、

難民の支援に取り組み続けた(2019年末に亡くなられた)緒方貞子さんは

慣習を破り半分は現場で、職員を叱り飛ばすこともあったそうですが、

中村医師同様に無私の心で活躍された人生の大先輩です。


その多大な功績により日本(人)の印象まで良くしてくれ、日本だけでなく世界の宝です。

 

 

 

 

【注意】

没我的な自己陶酔型の与える親切心は押し付けになる自己拡大の場合があります。

みせかけの表面的かつ偽善的なものと区別する必要があります。

 

 

 

 

【野球の天才】

いい大人がという言葉を使うと笑われてしまう傾向がありますが、

イチローさんが引退時の報道陣のインタビューに答えた言葉をご紹介します。

 

イチロー選手が貫いたもの、貫けたものは?

「野球のことをしたことだと思います。これは変わることはなかったですね。

おかしなこと言ってます?僕。大丈夫?(笑)」

 

日本中の誰もがリスペクトする本物が語る言葉は重く

心からする野球に無我夢中で極め天の才を発揮しました。

 

多くの人を魅了したイチローさんの生き様は

とは人生そのものだということを教えてくれます。


※人生とは、「学びであり、感動であり、次世代にバトンを渡すこと」と定義しています。

 

を軽々しく語る人が多い中で、日米野球の歴史に残る実績を残して

多くのファンを魅了した愛(無我夢中)実践者イチローの生きざまは後世にも語り継がれることでしょう。

 

 

AIJAPANロゴ

【補足】

誤解を与えやすいために補足します。

は○教といった特定の人が特定のものを崇め信じるものではなく、

否定するものでもなくこられをこえるもっと普遍的なものです。

 

 

宇宙全体()の一部として

自己は全体()であり、全体()は自己であり、境目がないという考えです。

冒頭でもお伝えしましたが、無限の意識(私)に気づくことです。



哲学者カントの言葉をかりれば

我が上なる星空と、我が内なる道徳律、我はこの二つに畏敬の念を抱いてやまないものです。

 

究極的には元を辿れば一つの存在(ワンネス oneness)ゆえです。

 

 

よって世界中の○教も一部であり、血縁や人種や国での区別・差別はおこりえないものです。

 

 

大宇宙や大自然(大地)であり、内なる目には見えない心のことであります。


何か遠くに求めるものでも、豪華絢爛(けんらん)な建造物が必要なものでも、

組織化(上下の階層)したり、宣伝や勧誘する必要もないものです。

※魅力がないから小細工をしたり宣伝・勧誘が必要なのです。

 

 

 

今なお日本にも大きな影響を与えている

2500年前に生きたインドの釈迦(ブッダ)様の最後の言葉があります。


自灯(燈)明 法 灯(燈) 明


自らを灯の明かりとして、自分をよりどころにしなさい。

法(真理)を灯の明かりとして、 法(真理) 真理をよりどころにしなさい。

 

他者を頼り、他者を崇め、遠くにある場所に赴かないといけないものではないのです。

 

 

 

 

 

【宇宙感覚】

従来の地球表面の平面的な視点では限界があります。

 

科学が飛躍的に発展しAI×量子コンピュータが世界を変えようとする中、

あらたな知見の獲得と宇宙からの視点をもち

宇宙感覚が求められ(=)、21世紀にふさわしいものが無私の愛です。

 

過去の偉人だけが悟った時代から、

だれもが理性・知性が覚醒し普通にる時代です。

※無私=無我、滅私、無償、無条件、博愛・・・

 

 

21世紀の視点300

 

 

点の地球と月

 ※小さな点にすぎない地球と月

 

 

 

 

【専門的】

無私の重要性を述べていますが、

専門的に言えば境目がなくなるものが無分別智的な考えで、

現代社会においての主流は分けることで細分化する分別です。



分別は都会と田舎、職業や学校で上、下を決めたり、文系、理系と分けることで、偏重(偏見)する思考になってしまっています。



国境はわかりやすい例ですが、昔は日本でも多くの国があり国同士で戦をしたように、境目が薄れた県になって戦がなくなりました。


 



【知る人ぞ知る】

日本の思想で有名な丸山眞男氏がタコツボ化した社会を危惧しましたが、

行政の縦割りのように世の中に分断がおきて弊害が顕著になっています。

 

丸山氏は庶民との交流を重視していました。

筆者の(昔の)北海道の自宅には後に学長(総長)になった北海道大学の教授が遊びにきて一般人の父との交流がありましたが、交わらない人は分別的な思考です。

 

○○出身、○○国出身者というだけで差別(きらいという感情)する考え方は分別的で、多くの人がやりがちです。

 

 

 

 

【こころ】

世の中には環境問題、核兵器問題など数多くの課題がありますが、結局は人の心の問題です。

星の王子さまではないですが、もっとも大事なことは木の根のように目には見えないものです。

 

核戦争などはイメージしやすく、リーダーの誤った判断で人類が自滅することもありえるわけです。

 

松下幸之助氏が指摘した心の復興なくして未来はないということです。

 

 

 

 

【あやしい】

心というと○教と決めつける考え方も危険です。

○教王国のアメリカがGHQ(インプリンティング・洗脳政策)により

日本人のメンタルの強さの源泉となる教育にメスをいれた結果

あやしい”と考える思考にまんまとひっかかり、

自信と誇りを失わせることに成功した事例があります。

※本当にあやしいものは存在しますが・・・

 

世界を牽引するハーバート大やスタンフォード大が教会からできていることを知らないのです。

 

※高等教育試験で国語より英語の得点が高いことを不思議に思わず、

英語ができないことを恥ずかしいとおもわせる風潮にしたことにも成功。

※報道規制などの負の側面には触れません。

 

 

 

【アメリカ文明】

日本は人種のるつぼであるアメリカ(根っこはイギリス)からは

科学(的思考)、称賛(祝福)、ハリウッド映画・音楽と

ユーモア(ウィット)、レディーファーストという最高の文化を学んでおり、

プラス面も多々ありますので、誤解のないよう付け加えておきます。

※日本では限界を感じてアメリカに渡り救われた科学者は少なくありません

 

 

 

 

【日本の役割】

日本は文化のるつぼで、良いものはとりいれ発展させる力があります。

○教には興味がない一方で、自然を畏れ敬い、お天道様がみている(※)という道徳観を持ち、

調和・秩序ある平和な社会を築いている日本が無私の愛に根ざした21世紀のリーダーとして

世界を牽引しないと人類の未来はないということです。


※老子の言葉でいう天網恢恢(てんもうかいかい)疎(そ)にして漏らさず」で法律は必要としない高い倫理観が必須です。

 

※現代中国語の愛は心がない字で、心を失っています。

 

 

 

 

【リーダーの役割】

本当の危機がないために権威と学歴が幅をきかせ、

くさいものには蓋をし責任は未来世代に転換し、理想論を語るだけでも成立した時代は終わりました。


21世紀は世のため人のため()に腹を括り覚悟を決めた(実践で鍛え上げられた)起業家、実業家らが指導者となり教育者となる時代です。

全世代を光明に導くリーダーです。


 




【世界的リーダー】

世襲を中心とし競争力がなく閉鎖的な政治分野でも大変革が起きるに違いありません。

※世襲でも優秀な方は多く存在しますが、異常な割合という意味です

 

 

世の中が一歩も前へ進めなくなる中

国境を越えて風穴を開ける真のリーダーが導き、

次世代のリーダーが次々と現れることでしょう。

 

※今の時代一人ということは決してなく複数の多様なリーダーです

 固定席はなく、次々と入れ替わるイメージです。

 

 

リーダーを輩出する政治家や起業家は子供がかっこいいと憧れるの職業となるのです。

 

 

真のリーダーとは元東大総長の言葉を借りれば

「本質を捉える他者をじる力、先頭に立つ勇気」を持つ人でしょう。


 

※無分別智とアメリカのことに関する一部については

知識を得た人生の先輩であり先生から”実践してよ”という前置きの上で許可を得て記載しています。

 

 


※The Rose