はじめに

AIJAPANロゴ

スピード体制(神速)を敷くためのダイレクト採用のご案内です。

最高のサービスの1つであるスピーディな対応と、成長を加速させるために。



※ダイレクト採用とはポータルサイトに頼らない求人です。

※採用とは企業の命運を握るものであり、己より優秀な人を迎えることと定義しています。

 

渋谷スクランブル交差点5

 

 

 

2019年9月現在、

広告費をかけず、自社制作コンテンツで外注費もかけず

自社ブランドによるネット集客100%の会社です。


※弊社のような会社は他の業界含めても稀です。

 



有料レベル以上の門外不出レベルのコンテンツを

無料で開放しているために集客ができています。



業界のプロがもっとも参考にしているであろうレベルの

コンテンツであると自負しております。



競合他社に価値ある情報が漏洩するという考えではなく、

業界全体に貢献することで

権威化=ブランド化をはかり、別格に置かれる存在となりえるからです。



仕入力、人財採用からネットワークの拡充などプラスに働きます。



今の時代にあった秘密主義ではなく、

オープン化で成長しダントツを目指しています。





すべて元請け(集客をどこにも依存せず)で、

他社が真似の出来ないこと(差異化)を行っており、

業界関係者、コンサル・IT業界の方からよくかれます。

 

 

2019年9月現在において太陽光発電以外が99%を占めています。

 

 

※今後は蓄電池、EV給電リフォームに加え

 総合リフォーム比率を上げつつ、

 コンテンツ収入ビジネスを展開する計画です。

 

ソーラーカーポート300

 

 

エコキュート交換需要は右肩上がりですが、

競争の激しいいわゆるレッドオーシャンの世界に新風を吹き込んでいる企業です。

 

エコキュート施工例300

 

 

 

【お客様からよく頂戴する5つの言葉

  • もっとも丁寧に教えてくれたので
  • ネットの内容と話を聞いて最も信用できそうなので
  • ◯◯の話はアイジャパンだけだったので
  • 見積明細がどこよりも細かく記載されきちんとしてそうなので
  • ネットで見積依頼したのはアイジャパンだけ

 

 

ネットを介して集客していますが、ネットで情報を得ても、ネット業社への不信感を持つお客様が少くない中で、弊社にはお問い合わせを頂き総合力で選ばれています。

 

このことが弊社の特徴であり最大の強みです。

 

 

 

 

 

スマート蓄電池の取扱を開始し、

今後はさらなる課題解決のためスマート家電も課題ツールとして

取扱い開始し2019年度はコンテンツの刷新含め本腰をいれていきます。

 

 

業界最大手の量販店の仕入れ・配送・工事の仕組みを利用し

省エネを促進するため、エアコン交換をかわきりに冷蔵庫、洗濯機、テレビの買い替えの支援ができるようになりました。

 

 

価格競争力をそなえた上でセット販売だけでなく単品でも対応でき、店舗の在庫品を発送できスピーディに対応できるのは強みです。

 

 

 

2019年から本格的にあらたなネットワークを活用します。



リフォーム業界で独立系トップ企業とIT企業がタイアップし

アマゾンのリフォーム参入以来の業界ではちょっとした話題となっている

仕組みを利用できるようになりました。




共同仕入れによる価格競争力と販売・自社施工ノウハウの吸収で

外装・内装(キッチン・トイレ)リフォームに至るまで

将来にわたりトータルで出費をへらすお客様の支援ができるようになります。

 

 

セミナーや個別コンサルなど、商材含め拡張している段階で本格的な運用は

2019年末になると見ていますが完全に差別化できる強力なネットワークです。

 

 

 

アイジャパンが独立系でどこにも依存していないためにできることです。

 

 

 

月をおうごとにお問い合わせいただく件数が増えており、

2016年10月以降はネット広告をストップし

2017年2月から一時利用した一括見積サイトの利用制限をし、4月以降はストップ(卒業)しています。


2年以上完全に広告宣伝無し、他社依存なしで継続・成長している驚異的なビジネスモデルです。




コンテンツは100%内製

SEO対策で外部業社に委託していないため(ノウハウを持ち)、

その分価格をおさえ価格競争力も備えています

他社に依存せず、広告・宣伝費0円だからこそできることです。

 

省エネリフォーム500

 

 

 

世界で起きているアマゾンショックではないですが、

完全に差異化ができているためアマゾンさんが参入しても影響を受けない業態です。

 

 

 

ネットと無広告戦略

 

WEB系のIT業界に精通している方ならご存知だと思いますが、検索キーワードが多様化しビッグキーワードからのサイト流入は年々減り続けて、多様かつ複数ワードで検索されています。

 

 

多くの企業は外部業社に依存しているために好都合な情報に振り回され、上位表示されるよう対策という名目で多くのお金をかけています。

 

 

同時にネット広告依存症といってもよいほど広告費をかけている時代に、多くの会社がなしえないことを実現している会社であり、さらに成長している会社です。

 

 

 

渋谷スクランブル交差点3

広告は誰でも出せますが、自然検索して1位を狙うことは容易ではありません。

 

時折「検索して1位表示されたので問合せをしました」というお客様がおられますが、今はそういう時代です。

※広告流入なしで1位を実現

 

 

 

アイジャパンとしては事業モデルとしては初期の段階ですが、全国広しといえども、親会社含め、外部依存せずになりたっている企業は他にはなく、革新的といえると思います。

ノウハウをもっていることが何より強みで、さらに極めつつ、これを横展開していきます。

 

 

 

 

初期段階であり、事業の一部ですが、

書店でも販売されている主要な太陽光業界誌No1のPVeye

2017年11月号「U50-勝利の方程式」の中で

関東の主要販売・施工会社として紹介されました。

 

 

 

関東だけで何百社もある中で、

1都3県に北関東含めた主要30社(都内9社)のうちの1社としてです。

 

 

メーカー、行政、金融含め強力なネットワークを持ち情報まで持つ業界専門誌で広告を出していない弊社をご紹介頂き大変光栄です。

 

 

 

 

会社紹介

AIJAPANロゴ

 

【会社紹介】

アイジャパンは一言で

お客様から見て「住まい全般のアドバイザー企業」です。

 

 

 

ビジネスとして他社との違いを上げると

明るい未来を描き世の中を先導し、

たな市場創造するベンチャー企業です。

 

 

 

具体的には

単なるモノ売りの企業ではなく、

住まいの困りごとを解決するための窓口企業です。

※トータルサポートを行うため首都圏に限定していますが、別事業は全国、世界を視野に入れています。

 

窓口300


そのためにメーカーさんにも要望を出し、商品設計に関与する場合もあります。

 

 

 

サイト名は住まい情報のスクランブル交差点です。

SHIBUYACROSSING300


価値ある情報をご提供しつつ、

お客様の課題を解決する手段として

もっとも適した、

おすすめするモノやサービスを

ご提供もしくはご紹介します。



 

自社で直接販売しないものでもおすすめしたり、

純粋にご紹介だけということもあることから

事業形態としては初期段階と位置づけている現在においても既に未だかつて無い企業体です。




リクルートの目次へ

 

 

 

 

わかりやすい例

 


【日常生活でのわかりやすいたとえ】

弊社事業とは一切関係ありませんがイメージしやすいスマホフィルムを例に解説します。

 

大多数の人はスマホを所持していますが、価格への不満が多いのがフィルムです。

なせ1000円前後もするのかと。

 

100均でも購入できるようになり、品質も相当なもので、

アイジャパンならフィルムに関してはAmazonで比較的安く購入できますが、

100均のものをおすすめします。


100均の中でアイジャパンならこのお店の〇〇という具体的商品名を

ご紹介する会社を目指しています。




ここにお金をかけるなら、

(代替がきかない)他で使ったほうがいいですよ・・・など


家計の出費のメリハリつけトータルでお手伝いができる唯一の企業を目指します。




 

アイジャパンは

どこかの系列でもなければ、しがらみはなく、自由な立ち位置で自社ブランド(100%元請け)でなりたっている会社であり、ニュートラル(中立的)な立場で商品、サービスをご提供できる会社です。

 

 

 

よく◯◯と取引がある、◯◯グループということをアピールされている会社さんもありますが外部への依存度が高いということで、競争環境の激変で、突如マイナスに転化することが少くなく、リスクになる可能性もあります。

 



業界の枠をこえて世の中の方向性を示し、

メーカーさんの商品設計にも積極的に関与する

主体的な全く新しい企業体で、

ここなら安心というブランド強化に努めています。






【ビジネスモデル】

アイジャパンは分野の異なる企業からも多くを学び続け進化していきます。


GoogleAmazon、ダイソン、イケア、H&M、テスラ、Alibaba、K-POP(グローバル化戦略・練習生制度)などのビジネスモデル(企業文化含む)に次ぎ注目している会社(ビジネスモデル)の一つです。

 

日本企業はトヨタ自動車、Panasonic、ヤマト運輸、ファーストリテイリング(ユニクロ)、公文、セブンイレブン、OKストア、セリア

将来への期待としてソフトバンク



特にセンスの良い商品をいつでも安く提供するスーパーのOKストアさんは、

NewsPicksでも報じれらましたが、学ぶべきものが多々あります。

 




未来

世界から価値ある情報を集め、世界にも発信し

世界を巻き込み、あらたなモノやサービスを生み出し続けます。



21世紀にふさわしい環境にも配慮したスマート社会の実現に向け

国境を超えて世の中を先導する

世界一の課題解決企業を目指します。


※21世紀とは知の時代(人工知能のAIも含みます)と定義しています。




SHIBUYA会社300

 

今や人気No1の桜の名所となった目黒川までは徒歩7分です。

目黒川の桜2

 

入居して2019年7月で6年目をむかえようとしていますが、

情報・セキュリティ面充実しています。

 

 

一部の事業においては海外展開も視野に入れております。

人員の増減にも対応できフレキシブル(柔軟性)なオフィスサービスを

提供している英国本社で世界No1企業のサービスを利用しています。

 

 

耐震性にも優れたオフィスで、1Fにはセブンイレブンがあります。

ビルにはサイバーエージェントさんが入居しています。

 

 

 

年間契約の個室オフィスとなりもっともグレードの高い分、

ネットワーク環境も安心で高品質のサービスを提供しているため

決して安くはないですが、来社される方はみなさんきれいなオフォス環境に驚かれ、

満足しています。

 

 

 

 

自己紹介


ロゴ

 

潜在顧客の創造

ビジネス分野で世界的に有名なドラッカーさんのいう「顧客の創造」があります。

住まい全般の情報をご提供する中でお役に立ち、

環境問題から光熱費情報に至るまで

幅広い価値ある良質な情報をネットで発信し

コンテンツ・マーケティングでありグリーン・マーケティング)、

潜在的なお客さまをネットで集客しようとする業界初の試みをしています。



※潜在的なお客様の集客は訪問営業の独壇場ですが、それをネットで実現するという業界初の試みです。

※電力の比較サイトさんが一部真似て頂いていますが、弊社は完全に内製コンテンツで中身で差をつけています。

 

 




主力事業

現在の主力商品は住宅用太陽光とソーラーカーポートとエコキュートから

蓄電池エコキュート交換、大型家電交換と拡大・変遷しております

 

 

他社にはない幅広い良質の無料コンテンツにより、ファンになっていただき認知度を高め、ブランド強化に努めています。

 

おかげさまで同業の中では全国的に(最も?)名の知られた会社になりました。




特にソーラーカーポートは蓄電池同様成長している分野です。

 

設置環境も様々で、施工が容易ではなく手離れがよくないため、アイジャパンのようにネット集客で”継続”して販売・施工している会社はほとんど聞きません。

 

 

楽天さんが太陽光販売から撤退し、Amazonさんが一切手を出さない太陽光ですが、ソーラーカーポートであればさらに敷居が高く一部の訪問販売さんの独壇場です。

 

 

広告やサイト上に「ソーラーカーポート激安◯◯◯万円!」とあの手、この手で安く見せかけ、販売店とかかげているだけのところが多い中で、着実に実績をつくれるのは、他社に丸投げではなくアイジャパンとしてきめ細やかな対応をするためです。

 

 

 

一般的に高価格帯の訪問営業以上に現場に出向いて問題を未然に防いでいます。


(現場を知らない)クリック営業、他社(訪販)に営業させて、訪販を”全否定”して最後の最後で価格でひっくり返す、ハイエナ商法※ではありません。


※節度をもたずに他社を全否定する場合で、弊社もなり下がらないよう襟を正す毎日です。


渋谷スクランブル交差点2



既存のネット集客会社からすれば高い広告費をひた隠し、訪問販売を否定してなりたっていたビジネスモデルにあぐらをかいていた?ところ、思わぬライバルがあらわれたといったところでしょうか。



(他社にも知られる)ネット場で勇気を出して情報提供し差別化し、低価格戦略に加え、ノウハウも蓄積し驚異的な成約率で、ネット集客会社の中でおかげさまで独走しています。

 

※訪問販売では扱えない商品や、ネットで価格表示する会社では扱えない商品を扱えるのも強みです。




2018年1月から2019年1月までで問い合わせからの成約率ですが、

エコキュート交換に関しては6割~8割の成約率で、9割を超える月もありました。



部品修理してしまい買い換えはしばらく保留にされるお客様も多く、5割を下回る月もあります。



驚異的な数字だと思います。




個人のお客様相手で業界経験者ならよくわかると思いますが、連絡が取れなくなるお客様もいて、他社でやられているのかも把握できない場合もありますが、他社でやるというケースは極めて少くない状況です。


 

 



ビジネスモデル


ビジネスモデル

住まいの問題・課題を解決するために、情報にはじまり家族や親友にすすめることができるほど良い物をお安くご提供し、自社にはないいいものは他社をご紹介するというもので、住まい業界のグーグル(入り口=窓口)をモデルとしています。

 

 

今まであるようでなかったもので、ネットとリアル(対面)を融合した末永いお付き合いをする窓口企業というビジネスモデルです。

※2019年2月時点の業態は初期の第一ステージの段階です。

 

 


陽ビジネス

集客はネット主体(一部チラシ)のアイジャパンですが何か(他社・他業態)を否定してなりたつ商売ではなく、すべてを肯定してより良いモノやサービスご提供し、共に成長し、市場を大きくする仲間であると考え、陰陽(+−、正負)でいえば陽のビジネスで敵はつくりません。

 

ゆえに弊社は相見積もりの業社名を聞き出したりすることは稀です。

知ってしまうとどうしても他社の批判や否定をしてしまうためです。

 

 

 

三方良しの精神です。

※一方で既存の業界、自社のビジネスモデルをも否定し(破壊される前に)破壊することも疎かにせず、環境の激変にも備えています。

 

 


実は・・・

太陽光業界の営業スタイルは訪問営業が主流で、入居間もない家には異常な頻度で何社も訪問し、一部の礼儀のない業者や適当な営業トークにより困惑しているお客様がおられる一方で、多くのお客様が導入にふみきれ、満足しているのも事実です。

 

きっかけづくりでは貢献していますが・・・

AIJAPANロゴ

下記にアイ・ジャパンにとって学びの多い企業について解説しています。

 

◇アイ・ジャパンが共感し学ぶ企業・サービスのビジネスモデル

 

 

 

 

問題提起


市場が伸びない真の要因

お客様と接する営業が不勉強でメーカー研修もせず、不実告知のオンパレードで、扱う商品を売るためなら嘘をいとわず適当な話をし、お客様からみて業社のいうことがそれぞれ違い混乱してしまうことだと思っていますがもう一つあります。

 

 

 

実はネット上では”過度”に訪問営業を否定しているものが少なくありません。

 

自治体のホームページも同様で「悪質な訪問営業」と記載し、「一部の」と付け加えていないために、訪問=悪質と刷り込んでいるようなものです。

 

※訪問営業を全否定することは大多数のお客様を否定することになるため注意が必要です。


 

 

一部の訪問営業で異常なまでに高額であったり、急かされるなどで不信をいだいてしまうことが少なくなく、かといってネット販売会社や一括見積もりサイトなどのネットには抵抗をもたれる方も多いようです。

 

 

ネット上の激安という言葉に呆れ、ネガティブな情報に触れたりして、めんどくさくなったり、夫婦間で意見が割れて辞めてしまう場合が少なくないように思います。

 

 

一部の善意でないネットの”シカケ”にひっかかってしまい、あんなに感じのよい営業だったのに、(高くないのに)高い価格で騙された!と思い人間(営業)不信に陥ってしまう場合も・・・

 

渋谷スクランブル交差点4

 

 

※ネット上に時折表示される激安価格の見積は原価割れや利益が限りなく0に近い数万程度の見積で危険価格といえます。

 

 

弊社情報網では某会社は利益(粗利)5万円あれば充分という考えで、売上100万、200万でも利益3万、4万の世界です。

 

 

◯価格と表示して当然最安値ですが、先のことは一切考えてなく、一部ネットで既存客から書き込み(書き込みする方にも問題はあると思いますが)されているように、ほんとうに危険です。

 

 

ある工事会社がそこに営業した際、その工事価格では高すぎるといわれたと聞き、かなり安い工事しか受けていないということも心配です。

 

 

業界が成長している時は良いですが止まった時の影響ははかりしれないため業界全体への不信に波及しないか心配です。

 

 

リクルートの目次へ

 

 

 

 

アイジャパンの貢献


🔴VE  S🔴LAR



アイジャパンの貢献

そういうお客様をアイジャパンが手助けする役割を担えればと考えております。

それが「顧客の創造」でもあります。

 

但し自社だけが有利になるのではなく、「健全なマーケットを創造することが最終目標です。

AIJAPAN愛日本

100%元請け+100%ネットによる自社集客

今後増々ネットは無視できず、一括見積もりサイトや広告など第三者に頼らずとも自社でネット集客し、ノウハウと実績をもった会社が伸びていくことは間違いないと考えます。

 

 

訪問販売や電話セールスを除く大多数の会社は見積もりサイトを頼らないといけない、広告費をかけないといけない中で、異例のことを成し遂げています。

 

 

 

テレビ局や業界媒体誌からの問い合わせや取材依頼も頂くようになるほど露出しています。

この情報はどこから入手していますか?◯◯の番組の企画で協力してもらえませんか?など・・・

 

 

無料コンテンツを加速度的に増やしつつブラッシュアップ(見直し洗練させ)し、未対応のSNSやランディングページなどあらたな集客の仕組みを導入し、ネット広告なども復活させ相乗効果を上げてまいります。


※最新の企業白書によるとネット経由の受注が多いほど売上高が増加傾向にあるという結果もでています。

 

 




新たな経験と実績

アイジャパンは2-3年ほど前に8ヶ月間、太陽光の一括見積もりサイトで一番人気のタイナビさんに登録し色々勉強させていただきました。


※きっかけは他の一括見積もりサイトさんに評価を頂きご提案を受け興味をもったことと、同時期にたまたまネットからの問合せ案件で2件続けてタイナビさんに登録したお客様に出会い、いっそのこと・・・と考え、集客チャネルの多層化による安定と会社の知名度を上げるためでした。

 

 

 

きちんとご説明する機会に恵まれた場合で、おすすめするメーカーのパネルが受け入れられ屋根に適した場合は、最安値ではありませんが5社の中でほぼ弊社を選んで頂きました。

 

 

初回のお客さまでご契約いただいた時点で、タイナビさんの担当者からも驚かれましたが、トップ自ら一アドバイザーとなり他社のようにスピーディな対応ができていないにも関わらず他社非難をせず節度をたもったご提案と商品力を磨きつづけた結果だと思います。

 

 


 

 

仲間

 

現在は自社集客に一本化しておりますが、

ネットで多くの反響をいただいているのと同時に既存のお客さまへの細やかな対応をするため、東京圏で住宅のスマート化を支援するホームアドバイザーの仲間を集います。

 

 

リオ五輪の閉会式で東京オリンピックのPRビデオが流れ、渋谷の世界的に有名な交差点が舞台となりましたが、環境五輪になるともいわれアイジャパンもその波にのって、破壊的なベンチャーとして革新的な事業を行ない、お客様に喜ばれるサービスを提供していきます。

 

 

 

成長途上にあり、まだまだこれからの会社であり、このサイトを見て既存のお客様からお叱りをうけるかもしれないほど充分なフォローができていません。

 

 

もともと商談時に良いお話はしておりませんが、1,2年目はそうでもないけど、3年目、4年目と年を追うごとに良かったと評価される会社を目指し、10年目以降にお客様満足度が高まる会社を目指しています。

 

 

 

環境問題と地域社会に貢献したい、将来性のある住まい業界で働きたい、社会が求めお客様から直接喜ばれる仕事をしたいと思う方は歓迎します。

一緒にお客様に喜ばれ世の中の役に立てる仕事の仲間。

 

会社の代表であり顔となる2018年、新生アイ・ジャパンの社員です。

 

 

ここでは営業という言葉を使いますが、弊社では社内でも営業という言葉は使用せず、アドバイザーで統一しています。

 

 

SHIBUYA-会社2

オフィスからの眺め(首都高)

機動力を武器に首都圏エリアをカバーしています。

 

 

 

例えば

エコキュートは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県・・・の順で

スマート蓄電池は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県・・・の順で

ソーラーカーポートは茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県・・・の順で

お問い合わせと工事が多くご支援しております。

 

 

 

 

 

 

具体例


【住環境イノベーション+情報のスクランブル交差点】

イノベーションというお客様にとっての価値(喜び)を創造し、新たな変化や主流(ルール)をつくりだす、真に革新的な心躍る(ワクワク)破壊的創造企業を目指しています。

 

 

 

革新的という意味でのベンチャー企業として、快適な住まいにはそこに暮らす家族が少しでも健康でいることであり、未だかつて無い健康情報なども発信しソフト面まで含めたトータル・アドバイザー力No1を目指します。

 

 

今後はWEBへの積極投資をし、真の意味での「比較・情報」サイトのメディア事業と、Amazonさんなど自社より優れたサービスは他社をご紹介し、世の中にないものは強みをつなぐコラボレーションであったり、補完しあうアライアンスを組んで新しいモノやサービスを生み出していく主体的で強力なパワー(求心力)をもった企業を目指します。

 

 

※ものづくり補助金やクラウドファンディングなども活用

 

 



例えば2つ(イメージ)

 

スマート床暖

石でできたストーンペーパーが今世界的に注目されつつありますが、0.1mmのフィルムの上にインクジェット印刷で電子回路を形成する技術と組み合わせて、格段に省エネで耐水性のあるフィルム式ストーン(床)暖房を開発するなどです。

 

石焼き芋のたとえはよくありませんが遠赤効果でやさしい温かさと、低価格であらゆるところに”貼れる”暖房です。

 

 

 

 

スマートベット

人生の3分の1を費やす睡眠は体をクールダウンさせ、成長ホルモンで内臓を修復するといわれていますが、

 

仰向けより横向きの方が熟睡するデータもあります。

 

仰向けは重力によってゆるんだ筋肉や脂肪が気道を狭くしていびきをかきやすく、運動をしているような状況だそうです。

 

※赤ちゃんが泣いている時にうつむきにすると泣き止むことが多いのも関係しているかもしれません。

 

 

横向きだとほとんどいびきをかかなくなり熟睡する検証データがあります。


一人世帯が多く、介護のことも考えた低コストで省スペースで、自然と横向きになるようなハンモックのように身体をつつむ半円形のようなものなどで睡眠、安眠革命を起こします。


横向きにあった枕も同様です。

 

 

 

 

世界的に有名な渋谷のスクランブル交差点は多くの人が行き交いますが、アイジャパンは情報が行き交う交差点の中心に位置し多くの人や情報・技術などを結びつける役割です。

 

ゆえに案内も型破りです。

 

 





【世の中にある求人サイトとは全く異なります】

アイ・ジャパンはこんな会社ですというご案内で、ひとことで”この指とまれ”です。

読んで仲間になりたいと思う方へブログ式でつづります。

AIJAPAN名刺

 




【双方のために】

本物志向という言葉が適切かどうかわかりませんが、不器用でも真面目に生きている人はつきあうほどに良さがにじみでてきます。

一方でその逆は◯◯がでてきます。

 

表面的に自分をよく見せようとする人も少なくないため、数回会った程度では判断できません。

 

 

歴史・哲学や最新理論に加え、人材ビジネスや幅広い分野で多くの方々と仕事をしてきた経験から、半年間は一緒に仕事をしないと相手のことを本当には理解できないと考えており、できるだけこちらの考え方をお伝えします。

 

 

 

人はそれぞれ価値観が異なるためすべては求めませんが、少しでも近い考え方をもつと思う方、もしくは少しでも共感してもらえる方は歓迎します。

それが双方にとって良いためです。

 

 

 

 





ホームアドバイザー募集

ロゴ

 

地域密着と本部主導の営業

電話応対とネット反響による下見調査を兼ねた訪問対応を行います。

施工管理全般で、工事の準備から必要に応じて工事の立会い、

工事後のサポートまで行います。

 

訪問販売や電話営業(テレアポ)は一切しておりません。

 

 

 

アイジャパンならではの施工管理の仕組みとして、

施工が依頼どおりに徹底して行われているか、

工事会社、担当者など各社で異なる工事品質を保つため、各社のノウハウを吸収し、研究し、

足りない部分があれば教える仕事も担います。

 

工事の問題点、気付きを持ち帰り、情報を共有し、さらなる改善を行います。

サイト上に反映させる場合もあります。

 

 

全国でも工事会社を巻き込み、自社でノウハウを蓄積し成長し続ける仕組みを構築しているのは

アイジャパンだけではないでしょうか。

 

 

 

個人情報の取扱は、中堅の金融機関並に厳しいといわれていた環境での仕事経験がある代表ゆえに管理は徹底しています。

 

お客様から預かった書類がある場合は必ず帰社していただきます。

 

 

 

将来は支店ではない形態で、

千葉県、茨城県をエリアとする拠点で千葉県・柏市

栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県西部をエリアとする拠点で埼玉県さいたま市(上尾市・久喜市も候補)

にサービス拠点として2拠点展開する計画です。

渋谷本社は都内、神奈川、山梨県、静岡県一部とする計画です。

 

 




【アドバイザーとは】

単なるモノ売りではなく、しっかりお客様の話しを聞き、お客様の側にたってアドバイスをさせていただくというものです。

 

住まいの困りごととして、電気代やガス代などの光熱費から今後への不安などがあり、それにこたえる手段として太陽光発電や省エネ給湯、蓄電池などがあるわけです。

 

よって、お客様によってはおすすめしない選択も当然あります。

 

 

 

弊社は単なる太陽光屋さんでも電化屋さんでもリフォーム屋さんでもなく、住まいの専門家としてのトータルアドバイザーとして、光熱費のことからリフォームに至るまで求めるものが幅広く、ゆえに最適なご提案、アドバイスができるわけです。

 

 

 

弊社サイトの情報量が多いのも、知識・経験ゆえですが、他社さんと求めるレベルが全くことなり日々勉強です。

ゆえに本物の力がつくことでしょう。

 

 

一方で仕事は簡単、シンプルで仕組み化に力をいれており、独自ツールを用いることにより抜け漏れがないようにし、お客様との商談時間を短くしたり、わかりやすく伝えられるなど強力にサポートします。

 



 


【望ましい経験等】

エコキュートや太陽光発電、リフォームなどの工事・施工管理経験

オール電化、リフォームの営業経験、アフターフォロー経験

太陽光発電・オール電化、リフォーム業界でのクロージング経験があると尚良い

業界未経験者も歓迎します。

 

 



業界経験者の場合

こんな疑問をもたれてきた方はアイ・ジャパンなら花開くかもしれません

 

業界では主要な販売形式であるため訪問営業をされてきた方が多いと思いますが、既存のお客さままわりをしたいと思っても、会社から新規、新規といわれるし・・・

 

太陽光だけではダメで必ずオール電化などセットで売ってこいというけど・・・

 

 

自分なら今の会社のものを購入しない、利用しない、設置しない。

もっといいもの、メーカー製品をお客様が求めやすい価格にできないの?

 

歩合は多いのはいいけど、オーバートークしてまで売るのは好きではない。

※損得ではなく善悪で考え、自分がされてイヤなことは相手にしないという正常な感覚を持つ人

 

 

歩合給ではなく、チームで協力して活動し、もっと多くのお客様に喜んでもらいたい。

その結果として評価されて安定した給与と、貢献に見合う給与をもらいたい。

AIJAPANロゴ


業界未経験者も歓迎します

【未経験者に求めるスキル・能力】

成功体験のある方

裏表がなく自分にも相手にもうそをつくのが嫌いな人(損得より善悪で生きる人)

早く処理する仕事は苦手だけど、人に喜ばれる仕事は好き。

 

家族や親友に自分の会社の商品を紹介したいと思える会社で働きたい。

 

 



コミュニケーション能力の高い方は成果を上げられます

 

コミュニケーションとは「本音であり、五感であり、互いを知ること」と定義していますが、評価するのは自分ではありません。

 

交渉やセールスが上手な人は、話す内容より、非言語と言われる五感の情報(表情、しぐさ、声の抑揚など)を読み取るのが上手です。

 

 

相手の小さな変化を見逃さず、本心がどこにあるのかがわかれば、気持よく結果を残すことが可能になります。

 

相手の本音・本心を聞きだすことができれば、セールスであれば信頼を勝ち取り、成約につながる確率が高まります。

 

 

 

部下をもつ上司になれば、部下の心の状態も読み取り、表面的なアドバイスではなく、適切なアドバイスができるようになります。

弊社ではお客様の表情とちょっとした一言を聞き逃さないことが重要だと教えています。

 

 

 



経験の無い方ならこんな能力があれば活かせると思います

環境意識の高い方(なんとなく思うレベルではありません)

本気で社会をよりよくしようと思う方は安易な選択をしないためです。

 

 

すべては自己責任という考え方をもてる方(努めている方)

聞き上手な方

冷静にものごとを見ることができる方

良いこと、学んだことは人に教えたくなる、共有したくなる方

 

 



こんな方と一緒に成長したいです 

ドラッカーさんではないですが、会社への貢献に焦点をあわせられる人です。

貢献してはじめて対価を得られるという認識をもっていないと、結果を出し”続ける”ことが難しいためです。



目をみて挨拶のできる方

部下や後輩から挨拶するのは当然ではなく、先に挨拶ができる方

※挨拶とはコミュニケーションの一つです。

 

 

自分はいつもツイてると思っている方

まわりに目を配ることができる方

マナー(エチケット)をまもり礼儀正しい方

ポイ捨てしない、

ハンカチをもっている、

常に手洗いをする、

エレベーターで先に通して頂いた場合にすみませんといえる、

(他人でも)子供がいる時は信号無視しないなど・・

 

 

いつも安定して機嫌のいい方、もしくは落ち込まない方

自分には厳しい方

言葉遣いに気をつける方

 

 

 

 

前職では入社数ヶ月を除いてはずっとNo2でい続けたため広い視点で多くの人材を見てきました。

大量採用の会社で入社の敷居が高くなかったおかげで気づいたことがあります。

 

転職市場には自分のことをわかってくれる人探しをする人が少なくないとうことです。




あたらしい人や仕事をさがすのではなく

新しい目でものごとを見る(観る)ことです。


過去も同様で過去は変えられませんが、見方次第では書き換えができます。


そうしない限りいつまでも変わらず、不満がたまり、(逃げの)転職を繰り返すだけです。

 

 



□基本的な制度

完全週休2日制で、金曜・土曜か日曜・月曜がお休みです。

但し子供や家族、私的なことで、自由に休みを変更することもできます。

 

 

土日がメインの仕事ですが、月に2〜3日程度は土日のいずれかに休むことが

できるなど柔軟にしています。

人員がさらに増えれば日中昼間の短時間勤務などより柔軟にしていきます。

 

 

※将来は人のカラダにあった働き方を提案し、季節ごとに12月から3月は時短勤務など世の中の先をゆく勤務体系にできればと考えています。

幹部候補募集

ロゴ

 

幹部候補

営業だけでなく、企画、技術系、管理部門など幅広い業務の経験者がベストです。

会社名や役職、肩書にはあまり関心はなく、どれだけ責任ある仕事をしてきたかをお聞きします。

※業種、会社、組織、規模によって役職の付き方や重みが全く異なるためです。

 

 

 

 

 

たとえば会社に関して

社会人最初の5年間の環境がもっとも重要と考えています。

 

 

 

筆者の例で赤裸々に開示すると、

人口の多い団塊ジュニア世代で浪人生が増え、各大学の偏差値も上がり、就職の際は採用0も多く挫折を経験した◯◯くじ世代と揶揄される1997年入社です。

 

 

狭き門のマスコミ志望で人生最初の面接はフ◯テレビで初日一番目のグループ面接によばれましたが、極度の緊張からそれだけは鮮明に記憶しています。


国際情勢・政治・社会問題に関心があり、

テレビ・新聞社などの記者志望でしたがかないませんでした。

 

 

マスコミを断念しインターネットやWindows95の登場でITにも興味があり、SE志望で2次募集で入ったIT系の日立グループ企業の社員となりましたが、まったく合っていないことに気づきました。

 

社長からは面接で営業向きだと言われていましたが、すぐに営業に転向しそのまま日立本体に配属し本体の新人のように可愛がってもらいました。



人事に希望を出し結果として大半を日立製作所の情報通信の営業職として過ごしました。

 

仕事は激務でもあたたかい雰囲気の中で、世界的なブランド企業など大手のお客様を担当し、様々な部署、協力会社、グループ会社との仕事など多くの人とかかわる仕事を経験できました。

 

 

当時は大手ほど新卒採用をしぼりみ、日立本体では数百名単位の本部にも同期が一人もいませんでした。

その後はどんなに不況下でも一定数採用しているように年代によっても状況は異なります。

 

 

 

どうでもよいことですが(あえて申し上げると)・・・

日立本体の営業部門で多い年で課に2人新人が配属し毎年最低でも部に1人は配属するのが常でしたが、本部で0人は97年入社ぐらいで、年度によっても状況が変わるため単純に会社名や規模では判断せず、働いた環境(風土、文化)と何より考え方を重視します。

 

 

中小企業で幅広い経験をし独学でも自己投資しビジネススキルを学び実践してきた方が一番です。


一方大企業経験者は、一定の大学を出れば容易ですが、基本的に入社難易度が高いのをクリアしており、学ぶ力がある場合が多いことは間違いありません。


組織人として洗練されコンプライアンス意識も高く、外部研修などによりビジネスとしての素地があり評価は高まる傾向にありますが、非常に限られた分野で業務経験の幅が狭い方が多いのも特徴です。


 



◇営業経験に関して

単純な見方をしません。

扱っている商材の単価と難易度も見させていただきます。

 

単価が大きくかかわる人が多いほど難易度が高く、あいまいな状況に耐えられる能力が必要である一方で、単価の低いものはスピードと行動量が重要であったりします。

※高難易度=優秀ではありません。



営業はもっとも従事者が多い職種であり、敷居は低いのですが奥が深い職業でもあります。

また営業といっても業種によってまったく異なる職種と思えるほどの違いがあります。

 

筆者は法人、個人を経験し、数千、億になる案件から数十万単位の営業経験もあるため、客観的で冷静に皆様の業務をイメージできある程度の経験値は判断できるのではないかと思います。

※どういうケースでも個人差が大きく参考にする程度です。





◇失敗経験

幹部候補の方はあえて失敗経験がどれだけあるかをお聞きします。

失敗とはマイナスではなく、貴重な経験だからです。

 

目的意識をもって望めば、必ず失敗はあり、それをどう対処してきたか、考え方などを重点的に伺います。 

 

大きな失敗は経営では致命的ですが、小さな失敗は必要であり避けられません。


 

 

困難な局面でどんなに深刻な状況にあろうとも、冷静に前向きに捉え、明るく笑い飛ばすくらいの余裕(ユーモア)のあるタフな人材でないと務まらないと考えております。

すなわち感情を制御できる人財です。

 


うまく説明できませんが、鈍感という意味ではなく、基本は不安になるほど小心者で、細かいことが気にはなるけど、根底では冷静で楽観的な人です。

言いかえれば、不安を打ち消すための努力を怠らない人です。


※フランスの哲学者アランの言葉を借りれば「悲観は気分だが、楽観は意思である」でしょうか

 

 

大物かそうでないかは深刻なことでも笑い飛ばせる者で、ネアカな人ともいえますが実はもっとも重要です。

シリアスにならず「なんとかなるさ」という感覚です。

 

 

自分の感情すらコントロール(抑制)できない者が他人を(真に)コントロール(動かす・指導)はできないためです。

 

 

数名から10数名規模の組織であれば重きをおかなくてもいいかもしれませんが、数十名、数百名規模をまとめ上げる素養のある人材をはじめから求めています。

業績が良い時はいいのですが、そうでない時に崩壊するためです。

 

 

よって数十名規模の人材を雇い、経営に失敗した経験のある方は有望です。

※アイジャパンはホールディングカンパニーにして多くの会社社長を輩出するのが夢で、再起、チャンスをご提供できればと考えています。



なお、ある程度の成功者で自分より優秀な方になると思いますので(まだまだ語る資格はありませんが)一つこれだと思う成功者について参考までに記載しました。


成功者という言葉を筆者が使うのは抵抗を感じるため成長者を用います。

 

渋谷スクランブル交差点3




成長者の3要素

1.プラス思考 考え方柔軟で物事を良く捉える人)

2.自分要因 (すべては自己選択による自己責任と考える強さ

3.学びの素直さ (勉強好きで自分に投資できる人)




自分要因とは

プラス思考でもあります。

多くの経営者をコンサルしてきた方によると成功法則があり、

成功する人は自分の眼と直感を信用する。

失敗する人は人の噂を信用する。



行動基準が人の噂だと結局、できない理由も人のせいで理由をあげればきりがないと。

人や外的要因に左右される人生はごめんで、全て最終的な原因は自分に起因すると考えるのが成功者であると。


 

 

置き換えると周囲や外的環境のせいにするのは弱さからくるものであり、その逆は外的要因を跳ね返す強さです。

 

やさしさという言葉がありますが、強さをもったものにしか持ち得ないものであり、他人にはやさしく、自分には厳しいものが真の責任者になりえて、成功(長)者の一員になれると考えます。

 

フィギュアスケートの羽生選手が「弱さと強さは紙一重」と言っていましたが、人には弱さがあるため絶え間ない努力が必要であり、自分の弱さを自覚している人は強いといえます。

 




◇学びの素直さとは

何事も勉強と考えて、素直にいったんは受け入れることであり、拒絶しないことです。


また素直というのは上から目線の表現のため組織人としての観点で申し上げます。


素直かどうかは、人が判断することですが、素直になれるかは相手次第ということもあろうかと思います。


よって素直とは、上司の指示やアドバイスを拒絶せずいったんは受け容れることのできる人であり、必ずよい部分はあると考え、部分だけでもうけいれようと努めることができる人と考えます。

 

右肩上がりの高度成長時代と異なり、世の中が多様化し世界の問題がダイレクトに国内に影響を与える時代の今、過去の常識が通用せず、霧の中を手探りで前にすすめないといけない中でリーダーには必須の能力と考えます。

 

日本が今あるのは明治維新などの時代に学びの素直さに長けたリーダーがいたからこそだと思います。

 

 

ビジネスにおける成功とは「継続」と定義しています。 

※人における成功とは「悔いのない人生をおくること」と定義しています。 

AIJAPANロゴ

 

◇経営感覚をもって頂きます

プロジェクトのトップとして全ての責任を負う意識でのぞんでもらいます。

どれだけ成長し、収益を上げ、人を育てるかが重要であり期待する部分です。

超現実的で、厳しく地に足をつけつつも、理想と希望をもって前進しつづける感覚です。


 



 

企業理念はもっとも大事なものです

理念だけに抽象的なものですが、社会から求められる事業をして、多くの方から愛されるサービスをご提供するという夢を実現するために、困難を宝として共に汗を流し喜び、感動を共有できる仲間を集います。

会社の幹となる人材には特に理念への共感を求めます。

 

企業理念はこちらです。

 

 

リーダーについては次で述べています。

リーダーについて




リクルートの目次へ

 






リーダーについて


◇リーダーの素養

 

筆者があまりに未熟な若い時分に、人的環境には恵まれました。

お客様も世界ブランドの企業を担当し学んだことですが、

偉そうな人は偉くないということを知ったことは大きな財産です。

 

 

 

日経誌のコラムの中で、日産のカルロス・ゴーン氏もいっています。

「上司が階層や肩書に関係なく誰にでも敬意を払う人で、グローバル化時代のリーダーはこういう人だと感じた」と。

 

 

※ゴーン氏は大量解雇という負に加え、創業者ではないのに、長くトップに君臨し続けて、人の弱さが露呈し逮捕されたことは誠に残念です。真実はわかりませんが、一般人と異なり結果責任があります。

 

 


孫正義氏はソフトバンクホークス会長の王貞治氏について

スーパースターなのにものすごく謙虚で(自分が)自己嫌悪に陥る。人生でどんな成果を出しても心の面を大事にしてほしい」

と若者に語っていましたが、


共感し、確信し、人をみるときの重要なポイントになっています。







◇悠久の歴史の知恵も参考にします

 中国明代の著名な思想家・呂新吾(りょしんご)はその著書「呻吟(しんぎん)語」の中で、指導者に求められる資質として以下3つをあげています。

 

 

第一の資質 深沈厚重(しんちんこうじゅう)の人。

→どっしりと落ち着いていて深みのある人

 

 

第二の資質 磊落豪雄(らいらくごうゆう)の人。

→細事に拘らない豪放な人。

 

 

 

第三の資質 聡明才弁(そうめいさいべん)の人。

→非常に頭が切れて弁の立つ人


一見すると3番目が良さそうですが、実は1番目が最善の資質とされています。


すなわち、指導者というのは「磊落豪雄」「聡明才弁」だけでは全く不十分で「深沈厚重」にならねばならないということです。





どのようにして人物を見つけるのかについて書かれた一節もあります。


まずは「大事難事に擔當(たんとう)を看る」ということ

すなわち、ことが起こればその担当官の問題への対応能力を見るということ、

そしてそれに併せて、仮にそのような事において自分自身はどのように処するのかということを常に主体的に考えるということです。



次に「逆境順境に襟度を看る」ということ すなわち襟度(きんど)の「襟」というのは「心」を指しており「度量の深さを見る」ということです。

世の中というものは良い時が来れば悪い時も必ず来るわけで、万物全て平衡の理に従って動いており、そのような時に襟度(人を受けいれる心の広さ)を見ると言っています。




更には「臨喜臨怒に涵養を看る

「臨喜(かんよう)」というのは喜びに臨んだ時に恬淡としていること。 「臨怒」というのは怒りに臨んだ時に悠揚としているかというようなところに涵養を見ると述べています。

「涵」はひたす意水が自然にしみこむように、少しずつ養い育てること。



 

そして最後に「郡行郡止に識見を看る」ということ つまりは大勢の人(群行群止)の中で人を見るというように書かれています。


その人が大勢の中で大衆的愚昧を同じようにしているのか、それとも識見ある言動をとっているのかということを見る中で人を見抜いて行くということです。



 

 

大臣六等級として

第一

作為なく普通の人間には凡人なのか偉いのかもわからぬが、知らず識らずのうちに恩恵を与える人物


第二

いかにも英邁で事に当たるも得失相半ばする

 

第三

事なかれ安全第一主義で利害なし

第四

保身を旨として何もせぬ

第五

私利私欲を恣にしに任せる

第六

自らの権勢・野望のためには手段を選ばず天下国家を乱す

 

 

※故、安岡正篤氏、SBIホールディングス社長北尾吉孝さんや、ANA元会長大橋洋治さんのコラムか

ら借用し編集

 

 

 

 

宰相肚里能船

中国のことわざですが、宰相の腹の中は船に竿をさせるほど大きい。

つまり度量が大きいということです。

 

中国の宋の時代、3人の皇帝に仕えた富弼(ふひつ)という宰相がいました。

度量が広く、寛容であったとされます。

 

 

質素で礼儀正しく、他人に話す時は、たとえ相手が自分より若く社会的地位が低くても、同様に相手を尊重して話した。

 

彼の容貌には落ち着きがあり、恭しく、滅多に怒らなかった。

彼の天性は善良で、邪悪を嫌ったというのです。

 

寛容は、多くの問題を解決する。

もし正直で高潔で、簡素で飾らず、親切であれば、その人物は何でもやり遂げることができると。

 

 

 

弊社は親族経営には一切関心はありません。

社会の公器であり、永続する会社を目指しております。

 

上記ことわざではないですが、度量の大きい有能な方にはバトンを渡す考えでいます。

 


 

リクルートの目次へ


 

評価・研修制度


□評価

一番評価が高いのはお客様からご紹介をいただくことです。

ご紹介の数が評価の数です。

お売りして終わりではなく、その後が重要なためです。

 

 

お客様は言葉には出しませんが本当にスタッフ(会社)のことをよくみています。

お客様は営業(人・会社)を見るプロです。

誰しも売り手になると盲目になり、買い手になるとよく見えてくるものです。

 

 

さらに特定のお客様ではなく、広く多くのお客様から紹介をいただいている場合は特に評価します。

一定のお客様から評価をいただくことは多いのですが、そのお客様ばかりフォローして他のお客様へは遠のいている場合もあるためです。






研修制度

現場研修、同行はもちろんのこと、テキストを用いた自社の座学研修の他に定期的にメーカー研修に参加してもらいます。

ビジネスバンクグループなど主催の外部講演や研修などに参加しマネジメントやビジネススキルを習得してもらいます。

 

名経営者の柳井さんのファーストリテイリング社「ユニクロ」のドラッカー書籍の貸出ではないですが、事務所に豊富にあるビジネス書は無料で貸し出します。

 

 

ビジネスだけでなくスポーツでも他の分野でもスゴイ人は読書好きが多いのですが、愚者は体験から学び賢者は歴史から学ぶとあります。

※本田宗一郎さんは例外です。

 

サッカーで言えば日本代表の本田選手、長友選手、長谷部選手ですが、世界の名著も読む読書家です。

プロボクサーの村田諒太さんも有名です。


米エンゼルスの大谷翔平選手は高校時代からビジネス書が好きで三国志なども読んでいたといいます。

 

 

体験は誰もが等しくするもので一人の体験は結局わずかな経験に過ぎません。

一方読書は歴史上の人物や世界中の先人から凝縮された多くの知恵やとてつもない経験を学び疑似体験することだと解釈しています。

 

 

失敗をしないためではなく、とてつもない多くの失敗と成功を擬似であろうと経験することで、自分の未熟さや無知に気づき、謙虚になり人生(心)に幅と奥行きがでてくると思います。

何を読むかかが実は重要ですが、少なくても狭い考え方がなくなっていき、心に余裕が生まれてくると思います。

 

動じない冷静さと響く言葉をもっている人は読書好きが多いように思います。

また前頭葉が鍛えられキレにくいといいます。

 

但し読書好きの中でも、自分の考えが正しい事を証明するために読む人がいます。

都合のよい解釈をする場合で、良く読む物は良書ではなく読書好きにも例外はあります。

※小説も良いのですが基本的に趣味であり娯楽です。

 

 


【ビジネスバンク主催プレジデントアカデミー関連の研修例】

船井総研元社長で「9割の会社は社長で決まる」の著者、小山政彦さん、

アップル・ジャパンの元社長で「これからの世界」で働く君たちへ」などの著者、山元賢治さん

「覚悟の磨き方」「人間力の磨き方」などの著者、池田貴将さん

「世界No2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる」等ベストセラー著者の和田裕美さん

日本人的グローバルリーダー育成に取り組む「上司学」等ベストセラー著者の嶋津良智さん

「ゼロ秒思考」「世界基準の上司」などベストセラー著者の赤羽雄二さん

「小さな会社のブランド戦略」などの著者、村尾隆介さん

「すごいしかけ」などの著者、白潟敏朗さん

「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」の著者、高橋政史さん

「売上が伸びる接客-ルイ・ヴィトンの販売実績No.1がお伝えします」の鈴木比砂江さん

「物を売るバカ」などの著者、川上徹也さん

「一分で一生の信頼を勝ち取る法〜NHK式7つの話し方ルール〜」の著者、矢野香さん

アドラー心理学にもとづく著者、小倉広さん

「惜しい部下”を動かす方法」などの著者、大塚寿さん

「ディズニーの現場力」の著者、大住力さん

※2014年から2015年前半

 

 

 

 

3を意識した経営+事業計画

AIJAPANロゴ

現在と2020年に向けた直近の動きと今後の計画を発表します。

今後具体的にどういうことを行うかを公開します。



■3つの柱

継続する強い会社とは変化に強い会社です。

不況業界と言われた中で富士ゼロックスさん、日立造船さんなど事業の柱を大きく転換して生き残っています。

 

 

企業の真の競争相手は同業他社ではなく、世の中の変化である」ということばもあります。

 

 

今後太陽光業界は変化に強い会社でないと生き残れないと考えます。

そこで常に3を意識した経営をしています。

 

 

2,3年前まではソーラーカーポート、エコキュート、屋根の太陽光の3本柱でした。

正直これだけバランスの取れている会社は業界では弊社くらいだと思っています。

※大多数の会社は屋根の太陽光、時折エコキュート

 

 

2019年現在はエコキュート、蓄電池に加え、住まい全体のリフォームの3本柱へ移行中です。

 

今後はEV連携含めた蓄電池の新規導入

エコキュート交換と大型家電の交換需要に特化しAI家電も加えます。

お風呂やトイレ、外装などの住まいのリフォームの3本柱です。

 

 

エコキュートは安定し、買い替え需要があり成長分野でもあります。

蓄電池は2018年11月に2019年問題(2009年11月)が騒がれる前に本格的な展開をしました。

 

 

 

 

【取引先】

1つ目は工事会社のネットワーク化を強力に推進中



2つ目は2018年夏に大手量販店の仕入・配送・工事の仕組みを利用できるようになりスマート家電の価格含めた競争力を手に入れました。



3つ目は2018年秋に本格的なリフォーム参入に向け共同仕入れネットワークを利用し2019年度中に本格的に参画します。


※単に増やしたのではなく各分野に強いところとの提携です。

 

 

 

 

【集客】

一括見積サイトは3年近く前に休止しているため自社コンテンツによる反響がすべてとなっています。

完全なネット通販も開始し、2020年までに中国で先行しているライブ配信を開始します。



ネット通販はエアコン、TV、冷蔵庫などの大物家電で既に「エアコンおすすめ」で1位から4位と露出しており、大手量販店と2018年夏に安く仕入れることが可能となり、2019年からの本格的なサービス立ち上げの準備中です。





【スピード】

見積スピードを上げ見積提示はモノによっては3時間以内、3日以内・・・

エコキュート交換工事は確立しましたが。

他の分野でどこよりも早いスピード体制は構築できていません

 

 

バックオフィスの改革も行います。

2019年現在、IT化をすすめています。

セキュリティ面で安心なGoogleクラウド(G Suite)は導入済みです。

AIは2019年2月にAIセミナーに参加するなど研究段階です。

 

金融・決済先進国の米決済サービスの活用


APIを公開し決済含め他との連携を加速させているfreee会計、顧客管理などCRM導入と連携をすすめていきます。


費用は最小限で効果は最大限と効率の良い経営でさらなる価格競争力とスピード対応をすすめていきます。

 

 

 

 

【商談方法】

商談方法をつに増やす

きっかけはネットや電話でも最終的に対面による商談を行っていますが、

完全なネット通販と、1分動画の活用やネット商談(AI活用含む)の導入なども検討していきます。

 

 

2019年○月からスマート商談として物理的制約をこえて、商談のスピードアップをはかります。

 

 

 

 

【集客の入口】

集客の入口となるサイトもつにします。

広告収入モデルを導入した専用サイト、◯◯◯を加えます。

 




【拠点】

2020年までに本社に加えてサテライト的な拠点を2つ設け3拠点体制の計画です。

従来の支店という形ではありませんので、住所は非公開にするかもしれません。

千葉県柏市、埼玉県さいたま市・・・

提携会社の拠点を間借りするか、フレキシブルなオフィスを活用します。



 

商品ではなく事業のあらたな柱と広告収入などあらたな収益モデルをつくる計画です。

3つの商品から健康事業などつの事業への布石をうっていきます。

 

 

 

環境」を軸に「自然」と「人的」な環境分野で貢献します。

自然環境分野」では「太陽」「風」「水」の3つでありしばらくは太陽光に特化します。

人的環境分野」では「エネルギー」「健康」「移動(乗り物・観光・文化交流)」の3つが成長し永続する事業としてふさわしいキーワードだと確信しています。

 

 

 

2020年から段階的につのカンパニーへ移行します。

東京本社は首都圏に特化した住まいサービス企画販売+EV関連事業

京都本社(日本文化発信拠点+多言語対応)

札幌本社(北海道食文化+健康情報発信拠点)

 

 

 

ネット上の影響力を武器に

東京+渋谷京都北海道札幌の5ブランドの強化とブランドを活用したサービス、商品など他社とのアライアンスをふくめて中心的な役割を担っていきます。

 

温暖化になりワインの産地にもなりつつある北海道はもっとも伸びしろがあります。

 

※想定外を想定し、災害やセキュリティ対策など様々なリスク対策をしていきます。

 

 

全てはオープンにせず、野心的なことはさすがに伏せさせていただきます。

 

 

 

最終的にはホールディング(HD)制に移行します。

 

 

元ANA会長の大橋洋治さんの言葉を借りれば 

「HDの役割は個別の事業に関するものではなく、もっと大きな視点で世界を見渡し、社外とのネットワークを強化することにある。それによって経営に必要な有形無形の資源を獲得するのがHDの使命ではないかと思う。」とあるように、世界に羽ばたく事業を展開するにあたり、各事業は事業トップに経営のバトンを渡し段階的に移行します。

 

 

スマート営業とは


スマート営業とは

スポーツの世界も科学的になってきていますが、日本の工場以外の労働生産性は非常に低く、弊社も時間ではない生産性を高める工夫をします。

 

 



【ヒントはスポーツから】

イチローさん+青学マラソン+元野村監督

+リオ代表日本JUDO+世界の名指導者

イチローさんの継続する技術、研究熱心さと常識を覆す理論、

今までの常識を覆した青山学院のマラソンのようにわくわく?営業で実力と実績も残します。

さらに元野球の野村監督のように分析、知力型で技術をあわせたものが理想です。

 

 

「俺はこうだったからこうすればお前もうまく」といったという昔ながら武勇伝的な指導から、青山学院監督のように「私はこういうところで失敗したから失敗しないように」という格好をつけず共感をえられる負けない営業で技術の底上げをします。

よいところは自分らしさのオリジナルを加えてのばす手法です。

 

 

2016年8月時点でリオオリンピックで好成績を上げた日本柔道です。

柔道からJUDOと進化し、世界は民族格闘技を応用してきており、格闘技の複合体といわれる中で研究してきました。

あらゆるケースを想定した部分稽古などは注目すべきもので、ビジネスにも通じるものがあります。

 

 

2018年2月時点では平昌オリンピックでは小柄な小平奈緒選手と細身の羽生結弦選手が金メダルをとっただけでなく人としての生き方のお手本になりました。

 

両者はともに周囲への気遣いを欠かさず、素敵な言葉をもち、大事にして前向きな考え方をもっています。

小平選手はガンジーの言葉を引用していましたが、あきらかに読書を通じて言葉を蓄積し自分のものにしています。

 

 

さらにNHKで奇跡のレッスンという番組で、各スポーツで世界の名コーチが日本の子どもを指導する番組がありますが、とても参考になります。

 

 

逆にスポーツの世界でも

ビジネス・リーダー論に学び成果を上げているケースもあります。

東福岡高校ラグビー部藤田監督で、高校スポーツ界最強といわれ、10年で6度の全国制覇を達成しています。

タイムスケージュールや短時間での練習に切り替え、選手に自分たちで考えさせる方法を取るなどです。


 

 




【経験・常識が邪魔をする】

いかにも営業会社ではなく、新しい考え方、手法を取り入れます。

青山学院のマラソンではないですが、マラソン監督の経験がないのにトップに導き、練習には新しい手法を取り入れて成功したように、その分野に長い者ほど経験がじゃまをすることはたくさんあります。

 

今までの慣習や常識を疑うことはとても重要です。

長時間ダラダラではなく時間もスマートです。

 

 



【戦う営業から戦わない営業の時代】

自分の弱さとの戦いは必要ですが、他社や他人との戦うという意識は不要で他社を超える営業です。

協力していく意識で他社と共に発展し、他社が◯◯を見せたらお客様が当社を選ばれるだけです。

 

他社があり比較対象があるため自社の良さが浮き出るわけで、自社の強みを強化することだけに注力すれば良いのです。

勝つ営業から負けない営業であり、他社を超える営業です。

 

 

お客様を説得するのではなく、納得していただくだけです。

不安や懸念を取り除かせていただくという意識で、安心は強調しません。

人の行うことに絶対はないのと、安心を強調するほどお客様は不安になります。

 

 



【嫌われない営業=他社非難はしません】

お客様に好かれることを意識する必要はありませんが、嫌われないようにする必要はあります。

当然他社の非難はしません。非難の多い人は嫌われるものです。

あしのひっぱりあいをする会社や人は、短期的には成功しても長い目で見て良い結果を生むことはありません。

 

 



【緊張よりリラックスですが・・・】

緊張も時には必要ですが、リラックスして力を発揮する時代です。

根性、執念も大事ですが、知力の時代です。

ゆるいのではなく、知力は求めます。

知力に学歴(卒業歴)は関係ありません。

真面目に取り組み、学習歴を積み上げる学び続ける集団であり、楽天的な集団でありたいと考えます。

 

 

 



数字とは現実ですが・・・

客観視する道具と考えています。

営業は確率論という言葉もあるくらいで、目標や分析のために数字管理は重要ですが、営業=数字となり、数字だけを求めすぎると、誤った行動にはしる場合があるためです。

 

時代もかわり、いかにお客様に喜ばれるかを考え、その結果としてご褒美をいただくのが営業だと考えます。

営業力=アドバイザー力とは


営業力=アドバイザー力

 



【独自理論】

もったいない、めんどうくさい、わからない」があります。

詳細はここでは避けますが、3つを意識した営業をしていただきます。

 



【100−1=0】

一つのミスによる不信によって成約にならないことがあります。

慣れてきて工程を省いたり、手を抜き油断すると成績が落ちてしまう要因の一つです。

それだけ厳しい世界と認識してください。

 



【正々堂々が基本】

いいことしかいわない営業ではないため、逆に信用をいただきます。

正々堂々としているため、お客様からみて新鮮です。

 



【即決=営業力?】

業界には多い考え方ですが、お客様にあわせた最適なプランとタイミングを考えた営業を行ないます。

自分のため、自分たちのためのクロージングではなく、お客様のためにクロージングをするためです。

その結果として、お客様にご決断(即決)いただくことは信用頂いた証であり良いことです。

 



【営業とは恋愛?】

営業はよく恋愛に例えられますが、相手に選ばれるという意味では近いものがあります。

但し、恋愛は特定の相手ですが、営業は対象が広くなるという意味では全く異なります。

 

福山雅治さんのように同姓にも異性にも指示されるようなものが理想ですが、自分を常に磨き続ける役者に近いかもしれません。

一方タイミングは重要です。




【最後に】

双方のためにお断りすることも重要です。

実際お断りさせていただくこともあります。

自信に満ちた営業が基本です。

 

失礼にならないようにお断りいただくよう誘導して差し上げるため、お客様に気付かれない場合もあります。

 

 

ときにはお客様でも、相手は人であり、こちらも人である以上、一人の人間として申し上げることも必要な場面もでてくるかもしれません。

 

 

筆者はよくお店でお客様が店員を怒鳴りつける場面にでくわすと、怒鳴りつけているお客様に言い方には気をつけるよう申し上げることがよくあります。

筆者も同じお客様であり、そのお客様ははじめての経験で驚かれますが、そこで冷静になり、たいていは黙り込みます。

 

 

 

 

こんな考え方をもった会社です


【最近の話題と性弱説】

最近テレビでは好感度の高い方による残念な出来事が多いですが、人は弱い生き物であることがよくわかります。

どんなに立派に見える人でも過ちをおかし完璧な人はいないのと同じように完璧な組織も会社も存在しません。

性悪説でも性善説でもなく性弱説にたって組織運営をしています。

 

 



会社のルール

今どきの企業だけでなく、大企業では昔から導入されているところが多いと思いますが、

役職名や呼び捨てでは呼びません。「さん」づけが基本で、あとは「くん」づけです。

社長も「さん」づけです。

お客さまの前でも変えることなく、外向けと内向きをつくらないためです。

 

 

また組織を硬直化しないため部下が上司になることもあり、偉そうな人をつくらない仕組みにしています。

理想はメジャーリーグなどプロスポーツの世界で、そこに近づける考えです。

古くから在籍する者が偉いということはなく、誰とでも大人の関係で、大人のつきあいで接します。

もちろん能力、役職に年令や性差などは一切関係ありませんが、人生の先輩である年長者を敬うことは当然です。

 

 



【仕事で大事な5大ルール】

一番

(誰でもできることを誰もやらないくらいにやる)

 

美的

(5分の整理整頓、サイトから身のまわりまで毎日顔を洗うように必ず掃除する)

 

スピード

(すぐやる、少しでも、その日にやり、周囲やお客様の期待を超える)

※ここは現在の課題となっています。

 

優先順位

(影響の大きさでやるべきこと、やらないこと決める)

 

IT

(ネットを活用した仕組み化でいつでもどこでも誰でも安心)

 

 

 


新しい時代

ドイツ企業からは高い労働生産性、アメリカのIT企業からは型破りと形式にこだわらない自由さ、日本は規律とチームワークのいいとこどりした組織運営を目指しています。

 

個別企業ではアマゾンさんの裏表のない社内で徹底されたお客様思考に基づいた評価制度や、倹約質素なオフィスでそこにお金はかけないこと、トヨタさんからはすべてにおいて見える化とカイゼンと紙1枚にまとめる技術などを学び、マネて応用します。

 

 

 

 

◇多様性と理想

能力などで区別はしますが、決して差別はしません。

 

お客様が社員になりたいと思える会社になり、実際社員になっていただくのが理想と考えています。

個人のお客様を相手にするため半分は奥様(女性)であり、住まいの実権も奥様がにぎられていることが多い中、女性目線で組織を運営していくのが理にかなっており、優秀な女性社員の多い会社にするのが夢です。

 

ゆくゆくは主婦の方、時短勤務の方など多様な働き方を用意します。

時間、曜日も多様なスタイルをとります。

新卒はもちろんのこと、60代の経験豊かな方、外国人など時流にあった多様な人材の組織で安定化をはかります。

 

 

 


愚痴はマイナスとは考えていません

愚痴とは本音であり、とても大事です。

本音とは本物思考と考え、これからの時代にもとめられるものと考えています。

 

弱音をはくことも人には必要です。

周りが聞いてあげて、フォローしてあげればいいことです。

元気になり、明るい方に導いて上げることが大事です。

それにより徐々に愚痴が少くなり、多かった人は愚痴をこぼしてばかりいた自分を恥ずかしいと思うはずです。

 

 



◇批判と非難は異なります

綺麗でない言葉で人が傷付くようなことをいうのは非難(中傷)ですが、批判は建設的なものであり批判なくして進歩はなく、より良い指摘、ありがたいと受け止められる風土が必要です。

 

根底には本音があります。本音をいえない環境に進歩はありません。

21世紀は本音の時代で、本音を言って損をするのではなく、本音でぶつかることがあっても地にあしをつけるからこそ、ごまかさないからこそ成長できると考えます。

 

 



大人げない言動・行動

100年続く大手企業の良い部分の文化を取り入れていて、その場では注意せず、飲み会などのリラックスした席で笑いのネタにしてはずかしい、幼稚であることを悟ってもらいます。

表面的ではないもっとも効果のある方法です。

 

 

 

 

お問い合わせ・連絡方法

下段も読んで頂いた上で、興味、関心のある方はまずはメールでお知らせください。

形式は問いません。

 

履歴書、職務経歴書を送って頂くのもよし、まずは質問などでも良いです。

いずれにしましても、条件面もあわせ一度お電話にてお話をし、双方でよければ次のステップにすすむご案内をいたします。

なお、電話に出られる時間帯や、希望の曜日や時間があればその旨を記載してください。

 

【問合せメール】

recruit@aijapan-group.co.jp


AIJAPANロゴ

リクルートの目次へ

 

 

第三者の言葉から学びます

 

再エネ・太陽光業界では特に有名なコンサルティング会社に船井総研さんがあります。

1年ほど前まで船井総研さん主催の全国の太陽光業界関係者が集まる会に参加してご縁がありましたが、下記はその後メルマガで知った内容でよく出来た内容だと感心したため会社に張り紙として貼っているものです。

 

 



船井総研トップコンサルタントの世の中の「方程式」


1.投げたモノ・コトが返ってくる

2.執着を捨てる

3.思い通りにならないときに、ずっと成長する

4.あなたに全て丁度良い

5.過去の集大成が今

6.緊張よりリラックス

7.賞賛50%・批判50%

8.起こることは全てメッセージ

9.「バカ」になると楽

10.過去の出来事は変えられないが見方次第で書き換えができる

 

 

転職活動している方には4,5が重要と考えます。

 

 

 

◇コマツ元社長の安崎暁氏

私の好きなことば


企業の真の競争相手は同業他社ではなく、世の中の変化である


 

 

 

◆イチローさんが報道ステーション稲葉さんに語った内容

仕事にも通じるものがあり、下記ネットから抜粋させていただきました。

 


「お前肩の力がはいってるよ、と言われて肩の力抜けよ、と言われても無理なんですよ。

膝の力を抜かないと肩の力は抜けないんです。

みんな、目で見えてることしか言わない人が多いですよ」

自分の体の持って生まれたバランスを考えないとダメですよ。

人間の体は、人それぞれ特徴があり、バランスが違うから、たとえばみんな一様に筋トレして体を大きくしようとしてもダメだということです。

「トラとかライオンとかウェイトかけないでしょう。そういうことなんですよ。」

※多くの方は知らないと思いますが、4スタンス理論にもつうじます。

 

 


「筋肉つけて体が大きくなるとうれしいでしょ、バカだから。

それで喜んじゃうんだけど、鍛えると、筋肉は大きくなるけど、それを支えてる腱とか骨はでかくならないですよね。

そうすると、筋肉を支えきれなくなる。だからみんな故障するんです。」

「毎年不思議だったんですけどね、春先僕全然動けないんです。

ある年に気づいたんですけど、シーズンはいると痩せてくるから、そうするとスウイングスピード早くなってくるんですよ。それで気づいたんです。」

「今、みんな鍛えようとするけど、いろんな情報があるから。情報が多すぎて、どれをしてもいいかわからないっていうのもあるでしょうね。」と稲葉さん。

「今の時代は頭でっかちになりがちです。」

「でも、最短で行ける可能性もあるじゃないですか。」という稲葉さんに、

イチロー選手は「いや、それは無理です。」とばっさり。

「失敗を経て手に入れたものは味がある。失敗なく手に入れたものはダメです。

無駄なこと、遠回りにして手に入れた道のりは、あとから思うとすごく大切だったなーと思います。」

「僕は合理的なことが良いとは思いません。

無駄を良しとするわけじゃないけど、遠回りすることが一番近道だと信じてやっている。」

 

 

 

トップの口癖とアイ・ジャパン用語集


□トップの口癖

職場の雰囲気をもっともイメージできると思いますので、あえて記載します。

 

 

 

評価→自己評価をあえてするなら3割引きで考える、人によっては5割引き。

 

 

3の重み→思ったことの3倍は時間がかかり、3分の1しか達成できないもの。

   よってイメージした3倍の行動量か3倍速で望むべし。

 


常に途上→常にもっとうまくできたはずと考えること。



失敗は学ぶもの→失敗をオープンにし共有して失敗から学ぶこと。



カイゼンは永久的→常に改善、共有、取選択。



研究熱心→スポーツなど他業態からも学び常に研究。

 


品よくずうずうしく→品のよさだけでもダメで時にはずうずうしさも必要、その逆もしかり。



営業の真髄→お客さまの未来に寄り添うこと。

      具体的には本質的な悩み聞き出し、引き出し、比較して差し上げることです。

      リズムにのるようにテンポよくできればお客様は縁を感じて頂き決断しやすい



比較とは他(社・者・モノ)との比較であり、お客様がビフォー、アフターをイメージできること。

 

 

できる人材→「例えるならエンジンのある船であり、その反対は風が吹かないと動かない舟」です。

       エンジンがあるのは当然で高性能のエンジンをつめるよう努力が必要です・・・

       そうすればより自由に自在に振るまえます。

 


自分ごと→自分にいいきかせる意味でいいます・・・



強い集団→何事も徹底している組織であり、世の中皆無に近い、だからこそ・・・



アウトプット→アウトプットを重視。学んだことは整理し話すこと。



ノート→ノートは大きいほど良い。小さなメモ帳は良くない。大きさは思考の幅。



神速→(現在はできていないが)スピードにまさるサービスはない・・・シンプルかつ仕組み化を

 

 

時間→10年は正月をたった10回むかえたと考えればいかに短いか。ましてや1年は・・・



一流→一流の営業はお客様になってもいいお客様。どっちがお客様かわからないほど・・・

 

 

大至急はない→目の前で事件・事故を目の当たりにすること以外で大至急はありません。

 

 

言葉遣い→こちらに落ち度があろうと、汚い言葉を使う人(時)はたとえお客様でも

     (一時的には)お客様ではありません。

     切り分けることも重要です。世界の超一流ホテルでは・・・

 

 

応用動作→基本は大事だが、基本がわかった上での柔軟な応用動作はもっと重要。

 

 

ルールは期間限定→法律の少ない国は成熟国家であるように、規則の少ない組織は優れた組織、ルールは少ないほど良く、つくっても期間限定にすること。

AIJAPANロゴ


コミュニケーション革新をおこす企業として、言葉の定義は重要であり、関連する部分だけ抜粋しています。




アイ・ジャパン用語集


営業とは「経営の最前線であり、会社の代表」です。

 


営業力とは「人間力であり、相手にをおくこと」です。

※単価が小さい場合やモノ売りに近い営業の場合は「タイミングを拾う確率(論)」です。

 

 

最高の営業とは「アドバイザーでありファンづくり」です。

 

 

強い営業とは「お客様を研究し続け、良く知り、気が利く集団」です。

 

 

売るとは「お客様の買うことのお手伝いであり、ご縁」です。

 

 

仕事とは「人生そのもの。よっていいかげんな仕事はいいかげんな人生おくっているということ」です。

 

 

リーダーとは「チームを動かして、目標を達成する人」です。

     「周囲を元気にし性弱説にもとづきやる気にさせ、メンバーを支えるサポーター」です。

 

 

真のリーダーとは「自分を超える人材を育てる人」です。

     「部下に目標を成し遂げる力があることを何度も刷り込む人」です。

 

 

優れたリーダーとは「自由にものがいえる風土をつくる人」です。

     「隙を見せ、部下に口を開かせる人」です。



本物のリーダーとは作為なく人の心を動かすことができる人」



企業のトップリーダーとは「絶えず自己変革し危機感使命感を持ち続ける人」



育成とは「人を育つ環境をつくること」です。

 

 

人材とは「人財であり、適材適所で育つもの」です。

 

 

良い人材とは「仕事で一生の大半を費やす以上、仕事を楽しめる人」です。

    「柔軟かつ順応できる人であり、会社のために建設的な意見も言える人」です。

 

 

プロとは「妥協せずアマ感覚をもち限界を設けない人」です。

     「人がときめく想いや言葉を持つ人」です。

 

 

一流とは「美学を持ち、才能にプラスして情熱を持つ人」です。

 

 

良い仕事とは「明るく疲れること」です。

 

 

転職とは「人生の分岐点で、ゼロリセットで覚悟のいるもの」です。

 

 

良い退職とは「卒業であり、最後の最後まで貢献し惜しまれること」です。



顧客満足とは「期待を上回ることであり、スピード」です。

 

 

プライドとは「コントロールするものであり、よくも悪くも己を縛るもの」です。

    「周囲の者に嫌われるものであれば持たないほうがよいもの」です。

 

 

評価とは「相手が決めること」です。

 

 

自己評価とは「傲慢であり、自分を過大評価してしまうもの」です。

 

 

 

リクルートの目次へ